山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS しし座の銀河(その1)

<<   作成日時 : 2007/02/12 03:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

しし座の銀河、M65、M66、NGC3628です。

タイトルを(その1)としたのは、しし座には、まだいっぱい銀河があって、続きありということ・・・。

右側の上がM65、下がM66です。
そして、左側にあるのは、NGC3628です。

写真では、3つがはっきりと分かりますが、望遠鏡から目で見ていると、相当に暗い夜でないと、なかなかNGC3628は、はっきりしないんですよ。
今夜は、3つとも見えましたよ!きれいでした!

望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:D80 ISO800
露出:115秒画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは(^_^)

しし座の銀河トリオ!綺麗ですわ〜〜 私もこの様な綺麗な写真が撮りたいです(^^;
shoさんの写真は、重ねとかではなく露出時間を長くして綺麗に撮れているところが素晴らしく自然さを感じます。私が求めてる撮影そのものです。長い露出が出来る夜空は6等星は確実に見られるのですかね? 自宅辺りでの撮影なんですよね。
私も先週久しぶりに星見行って来ました。4等星がやっと見られる夜空でしたが、オリオン大星雲、ベテルギウス、が綺麗に見えたのでこの後Upしようかと思っています。大星雲は空が明るく露出が30秒しか出来ないので、大きくチョウチョの様には映らなかったけど、なかなかクリア出来なかった自動追尾が上手くいったので満足でしたわ(^^; 「多少極軸がずれてても直焦点なら数分は大丈夫、自動追尾が上手く出来ず5秒の露出で像が流れてしまうのはおかしい!」と仲間から言われ、原因を調べたらなんと「自動追尾の電池切れ」が近づいてパワーが無かっただけでした(^^; 後は赤経軸のギアがかみ合って無かっただけでした。
けんじ
2007/02/12 09:45
けんじさん、こんにちは!

コメントありがとうございます。
それに「綺麗」って、嬉しいですよ!

そちらは4等星がやっとですか?
でも、こちらも同じような状況かもしれません(5等星が見えてるのか?)
街明かりや防犯灯など、夜でも懐中電灯なくても歩けますし。

そうですね、長時間露出は難しいですね。
私もいつかは、できることなら、天文雑誌・Webページで見る、公共天文台で撮影されたような、百科事典・図鑑にでも出ているような、あんな写真を撮ってみたいものです。

けんじさんは、眼視派それとも写真派ですか?
私は、眼視がやっぱり好きです。
どんなに淡くても、宇宙の深さを感じます。
sho
2007/02/13 01:28
shoさん今晩は。

もっちろん私も、眼視派ですよ。見た目は白くボーと淡いですが、リアルに宇宙の神秘さを感じます。 私はいつもビクセンの反射(R200SS)と天体双眼鏡の8×11倍を使用して観測していますよ☆ 最近は、さんかく座(M33)と球状星団(M3)を双眼鏡で見てましたが特に神秘さを感じました。 写真はもともと好きだったので天体写真の方も、もっちろん上達したいです(^^v 
けんじ
2007/02/17 00:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
しし座の銀河(その1) 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる