山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS かみのけ座の銀河

<<   作成日時 : 2007/05/18 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

かみのけ座のNGC4565です。

画像


真横から見た銀河のモデルとして有名なNGC4565です。

ところで、「かみのけ座」っていう星座、不思議な名前・・・
この星座、ごく小さな星が約40個集まった散開星団(Mel.111)そのものという、珍しいものです。
今度機会があれば、撮影してみたいです。
この散開星団が、かみのけに見える昔の人たちの想像力には感心します。

話は、写真のNGC4565に戻りますが、中央を横切っている暗黒帯もよく分かりますね。
われわれの銀河系は、外から見るとどんな形なんでしょうか?

撮影日:平成19年5月11日
望遠鏡:VISAC(レデューサー使用、1,278mm)
赤道儀:EM-400
カメラ:D50改 ISO1600
露出:8分×4コマ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うわっ! shoさんのNGC4565銀河、鮮明ですね。中央の暗黒帯が「ピシッ」っと鮮やかです。これが4500万年前の過去を見ているのだから神秘的です。NGC4565側で、私達の様な知的な生命が存在していれば、天の川銀河も同じように横から見えて同じ事を言っているのだろうか。。。。。?
けんじ
2007/05/19 01:09
けんじさん、こんばんは。
はい、今回のNGC4565はうまく撮れたと思いますよ。
この写真は中央部をトリミングしていますが、元画面周辺部も星像はきちっとしてますよ。VISACは、良い望遠鏡だと思います。
そう、向こうからもこっちの銀河系を見てる人いるでしょうね。
sho
2007/05/19 23:05
shoさんこんにちは、
私のBLOGでshoさんのコメント
”先日写しましたが、・・・この写真のように写せませんわ”
でどんなものかと見せていただきましたら、
いえいえshoさん撮ったのもよく写っていますね。
細かいところはむしろ私のより良く出ています。
星像も小さくピントが良いようです。


たけき
2007/05/21 12:34
たけきさん、こんばんは。ブログ訪問ありがとうございます。
いえいえ、たけきさんのNGC4565の方が細部までよく写っていると思いますよ。
この銀河くらい大きさがあると、一眼デジカメでもけっこう写ると思いました。自分的には満足しております。
私も所有のDOB25で撮影してみたいのですが、ガイド鏡を同架できないので、銀河はVISACに頼りっぱなしです。
sho
2007/05/21 21:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
かみのけ座の銀河 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる