山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS アンタレス

<<   作成日時 : 2007/07/03 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

さそり座のアンタレス付近です。

画像


写真左の明るい星がアンタレスです。
やや右下にある球状星団は、M4です。
このあたりは、天文雑誌の投稿写真を見ると本当にカラフルなんですが、私の写真はあまりよく写りませんでした。
露出不足なのか、光害によるものなのか・・・
ぜひ今度は綺麗な色が出るように、いろいろ作戦を練ってみます。

撮影日:平成19年6月12日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:D50改 ISO800
露出:10分×4コマ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
またまた、おはようございます。
アンタレスの赤色鮮やかですね★ M4の黄金色っぽいチカチカもかなり綺麗です★ shoさんの写真、私のと違ってバックの黒のノイズが全然ないですよね。さすがに私もバックはノイズカットの処理していますが、しらびそ以外で撮影した写真はノイズまみれです.....(-_-;) よく思うことがありますが、Nikon D50って青色が鮮やかに写り赤色が長時間露出しないとなかなか写らないと思うのですが、shoさんの写真はいつも赤がメチャメチャ綺麗で青色が控えめですが改造したからなのでしょうか....?
けんじ
2007/07/04 06:12
またまた、こんばんは。う〜ん、この写真は、まだまだですよ。いずれリベンジしようと思ってますので、その際はまた見てやってください。 Nikon D50のこと、赤色は確かに写りにくいですよ。冬時期のこと、オリオン大星雲はけっこう写るんですが、バラ星雲となると全くだめでした。そこで、D50を改造することにしたんです。結果は、赤色はもう劇的に写りがよくなりましたよ。青色やその他については、改造前後で変わりないと思います。銀河や球状星団では、改造の有無は関係ないと思っています。赤色がよく写るようになったので、相対的に青色が控えめに見えるのだと思いますよ。そうそう、しまばら星の会の煌星さんが、3人ともD50なので、「ニコンD50仲間でも作りますか?」って言っておられましたよ(笑)天文分野では、たぶんキャノンより少数派のNikon、しかもD50、3人それぞれ距離的に分散している・・・何だか楽しそうですね。
sho
2007/07/04 22:24
おはようございます。
Nikon D50仲間!良いアイデアですよね(^_^)/ 因みに私がD50にした理由は、電池の長持ちですかね.... 僕が買った頃は CANONより圧倒的に連続使用時間が長かったです。 夏の散光星雲、馬頭星雲周辺の赤色やは簡単に写るのに冬のばら星雲は何故か写らないですよね.... 遠征先のおじさんが「口径が大きくてFの明るい望遠鏡なら写るよ」なんて話してました。そのおじさん私の背丈より高いドブソニアンを持ってきてます(*_*) 凄い迫力ですわ(*_*) 
けんじ
2007/07/05 07:56
shoさんのアンタレスの写真の様な、恒星周りに円輪がボーとかかった様な写真が撮りたいのですが、私なかなか円輪が出来ないです。。
けんじ
2007/07/05 07:59
けんじさん、こんばんは。
今日、天文ガイドを買ってきました。
今月の最優秀作品、いつものようにすごい綺麗な作品だなあと思って見てたら、なんと、今回のカメラはD50でしたよ。
受賞者は、ネットなどで有名な人で、高い撮影技術によるものだとは思いますが、同じD50だったので自分も頑張ろうという気になりました。
sho
2007/07/06 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンタレス 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる