山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 三日月星雲

<<   作成日時 : 2007/08/02 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

はくちょう座のNGC6888です。

画像


 この星雲は25万年前から作られ始めた散光星雲とのことです。中心星は、いずれ超新星爆発を起こすだろうと考えられているそうです。
この形から「三日月星雲(Crescent Nebula)」の名で親しまれています。

 心配なこと・・・今夜(8月2日)から明日にかけて、台風5号がやって来ます。観測小屋から望遠鏡や小型機材などは、家の中に移動しました。でも、赤道儀や電源関係は残したままです。無事に台風が通過してくれれば良いのですが・・・

撮影日:平成19年7月23日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:D50改 ISO1600
露出:8分×5コマ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
とても素晴らしいです
黒ひげ
2007/08/03 01:34
黒ひげさん、こんばんは。
先日(例会)の時は、お世話になりました。
黒ひげさんの写真見せていただき、感動しました。
構図、ピント、ガイドそして画像処理、いずれも私の目標です。

確かに黒ひげさんの言われるように、デジカメは簡単にカラー写真が撮影できる機材だと思います。でも、私の技術の問題かもしれませんが、画像処理をすると、すぐにノイズが目立つようになって、いつも試行錯誤しております。たぶん、もっと総露出時間を長くすれば、その分、豊かな諧調が得られるかもしれませんが。

私の方は、冷却に向かうか、眼視用の望遠鏡に向かうか、毎日あーでもない、こーでもないと悩んでおります。ここ最近は、写真の魅力(昔は失敗の連続だったのに、今は簡単に撮れる)にはまっていますが、やはり眼視、生で見る星が一番だと思ってますし・・・購入資金が貯まるまでは、当分この悩みは続きます。
sho
2007/08/03 22:20
ノイズが目立つといってもピクセル等倍で画面に表示してのことだと思います、通常A4にプリントする200〜400万画素に縮尺して考えると殆どノイズは気にならなくなるでしょうね
バックグランドの荒れはトーンカーブの左端を持ち上げてやることで意外と簡単に目立たなくすることができますよ
黒ひげ
2007/08/05 03:21
黒ひげさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ノイズについては、自分の写真しか比較対象がないので分かりませんでしたが、黒ひげさんの写真を見せてもらって、自分の写真にノイズが多いのではと思ったしだいです。
トーンカーブの左側を持ち上げること、本当ですね、バックグランドが確かに滑らかになりました。
やはり画像処理は、奥が深いですね。
sho
2007/08/06 22:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
三日月星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる