山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS アンドロメダ(再び)

<<   作成日時 : 2007/09/03 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

M31、アンドロメダ銀河です。

画像


この季節、アンドロメダが空高くあがってきて、見ごろとなってきました。
7月にも一度撮影しましたが、当時は、まだ低空で、街明かりの光の中でした。
今度は、もっと綺麗に写せるかと期待していましたが、写真のとおり、ノイズが多いものとなってしまいました。
夜になっても、30度もあろうかという気温のため、撮影中のカメラを触ってみると、大丈夫かと思うほど熱くなっていて・・・
熱とのたたかい(ノイズとのたたかい)は、非冷却一眼デジカメの宿命なんでしょうか?

撮影日:平成19年8月14日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:D50改 ISO800
露出:10分×4コマ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
M31綺麗ですわ〜。
夏は、暑い下界で撮影するとカメラが熱くなって標高の高い山で撮影しても霜がついてきてそれを除去する為に鏡筒には電熱線の布をカメラにはカイロをひつけて撮影してたのですがどっちにしてもシャッターを開放してるとだんだん熱を持ってくる度合いは同じですね。私は冬の写真と比較するとバックのざらざらが目立つなーと思いました。
けんじ
2007/09/06 11:05
けんじさん、こんばんは。
そうなんですよ、夏時期は、とにかくカメラが熱を持ってしまって、ノイズが目立ちますね。
最近、一眼デジカメにも冷却装置付のものがあるそうで(改造です)、冷却一眼に向かうか、冷却CCDに向かうか迷っています。
お金がいっぱいあれば、全部買ってしまうのですが(笑)
sho
2007/09/06 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンドロメダ(再び) 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる