山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS はくちょう座の散光星雲

<<   作成日時 : 2007/11/19 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

はくちょう座のIC1318です。

画像


中央上にある明るい星は、はくちょう座十字の中心のγ星(サドル)です。
はくちょう座にも、たくさんの星雲が広がっていますが、この星のまわりも赤い星雲とそれを横切る暗黒星雲が入り組んでいて、とても神秘的です。
夏の星座「はくちょう」も、これで来年まで見納めかもしれません。

撮影日:平成19年10月15日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:D50改 ISO1600
露出:7分×8コマ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、はくちょう座散光星雲の写真、結構広い視野で撮影されて見えますが、ε-180ED単体ですか?レデューサー装着しての撮影でしょうか?
R200SSでは無理ですわm(__)m 望遠鏡自体は優れ物だと思ってますが、何かをしようとすると工夫が必要になってきますよ。
けんじ
2007/11/21 18:39
けんじさん、こんばんは。
幅広く見えますか?焦点距離500mmです。R200SSよりは広角ですね。
確かにもっと広角が欲しくなることがありますね、特に散光星雲は、大きめなものもありますし。
そうなると、カメラレンズの方が、もしかしたら良いのかもしれないですね。135mm〜300mmとか。
sho
2007/11/21 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
はくちょう座の散光星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる