山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS コーン星雲付近(冷却CCD)

<<   作成日時 : 2008/03/07 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

NGC2264コーン星雲です。

画像


Art11002で撮影した、コーン星雲付近です。
感想:
@カラー化は、超難しい!バランス、色彩、ノイズなど、いずれも難しいです。以前、一眼デジカメで撮ったコーン星雲の方が鮮やかです(苦笑)
AラージCCDをフルに使えない!画面周辺は、色ムラがあったため、4:3に切り取った以上に若干トリミングしています。
AL画像のうち1枚は、使えなかった!原因は分かりませんが、画像を横切る亀裂のようなノイズが発生していました。

フルサイズ広写野の散光星雲を、綺麗に撮れるようになりたいです。

撮影日:平成20年3月1日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-20℃)
露出:L10分×3 , RGB5分×2(2X2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
Shoさんこんばんは。
画像処理お疲れ様です。
他の詳しい方の書き込みがあるので
私が申し上げるのは気がひけますが
以下の3点をお試しください。
1.Gチャンネルのレンジを広げてみてください。
2.LRGB合成の時のLをもっと暗くしてみてください。
3.RGBのトーンカーブ左下を持ち上げてください。
以上です。
頑張ってください。
たけき
2008/03/09 00:40
shoさん、こんにちは。
撮影は、順調のようですね。
色々と壁にぶち当たりますが、
それを、一つずつ解決していくのも
楽しみの一つですね。
デジタル暗室では、瞬時に色補正等
出来ますが、昔、モノクロや、カラーの
自家処理で薬品まみれになっていた頃に
比べたら、今は、本当に天国の世界のようです。
しゅうちゃん
2008/03/09 12:11
デジタル現像は、奥が深いですね〜。
でも、何度も繰り返し出来ますので、色々いじってみるのが一番だと思います。
ベランダGPD
2008/03/09 17:51
たけきさん、こんばんは。
アドバイスありがとうございます。
教えていただいたこと、さっそく試してみております。
それぞれの効果は、分かったのですが、全体的な調整がうまくいかず、完成には至っておりません。眠れない日々が続きそうです。
これからも、アドバイスをよろしくお願いします。
sho
2008/03/09 19:17
しゅうちゃんさん、こんばんは。
はい、壁、また壁の状態です。
ですが、みなさんに解決のヒントをいただき、少しずつ進歩しております。
そうですね、薬品まみれに比べれば天国かもしれませんね(笑)
sho
2008/03/09 19:19
ベランダGPDさん、こんばんは。
はい、何度も繰り返しできるので、いろいろいじってます。
でも、後戻りできるポイントごとにファイルを保存しておくほど、ディスク容量がないので、最初からってことも何度も繰り返しております。
自分を顔を鏡で見ると、目の下にクマができてきたような気がします(笑)
sho
2008/03/09 19:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーン星雲付近(冷却CCD) 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる