山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS かに星雲

<<   作成日時 : 2008/04/12 17:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

おうし座のM1です。

画像


おうし座の角の先にある超新星の残骸です。
中心から伸びる触手のようなすじ模様から、かに星雲と呼ばれています。
私には、「かに」ではなく佐渡島に見えますが、望遠鏡の眼視でも案外よく見えます。
この時期は、もう西空低くなってきましたので、短時間の露出となりました。


全体写真はこちらです。

画像



相変わらず、カラー化には苦労しています。


撮影日:平成20年4月3日
望遠鏡:VC200L(レデューサ使用)
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-20℃)
露出:L15分×3 , RGB各8分×1(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カニのフィラメントがよく分かります!
私も、佐渡島(笑)の方がいいと思っておりました!

カニ星雲の周りが緑に寄っているようですが、星雲周辺をマスクで処理されましたでしょうか?
RGBのヒストグラムでは、緑が若干ですが高いように思います。
それと、全体のレベルをもう少し切り詰めても余裕があるように思いますが、如何でしょうか。
L画像を丁寧にフラットに仕上げ、星雲の構造も潰さないように処理して、RGB画像は、色情報と割り切り、色むらの無いように処理すれば、LRGB合成は、比較的簡単に出きると思います。
後は、Photoshopなどで仕上げの処理をすれば、これだけ露出していますので、見応えのある画像になると思います。
ベランダGPD
2008/04/13 21:51
ベランダGPDさん、こんばんは。
星雲の周りの緑、たぶんシェーディング補正の際に出来たものではないかと思います。実は、通常のフラット補正がうまくいかず、シェーディング補正をしています。その際に、星雲部分のボカシが足りないかったのではないかと思っています。
カラー化のアドバイスありがとうございます。できれば、画像処理勉強会でもあれば、ぜひ参加したいと思っています。
今度のステライメージは、何度もやり直しができる機能が実装されるらしいですね。私のように、基本が出来上がってない者にとっても、繰り返し勉強のため、良い機能のような気がしています。
sho
2008/04/13 22:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
かに星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる