山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 干潟星雲と三裂星雲

<<   作成日時 : 2008/05/27 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

いて座のM8とM20です。

画像


写真下にある大きな赤い星雲が、M8(干潟星雲)です。肉眼でもその存在が分かります。
上の方にある、ちょっと小ぶりで、赤と青の星雲が、M20(三裂星雲)です。
いて座の天の川の真直中にあり、カラー写真にすると、本当にカラフルな領域です。
この時は、M8を中心に据えたため、左側にある猫の手部分がはみ出してしまいました。

撮影日:平成20年5月6日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-15℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2 
露出:L10分×6 , RGB各5分×2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
εのパワーが凄いです。shoさん写真は、発色が自然ですよね。どうも私の場合赤を強調し過ぎるせいか、全体が赤っぽい写真が多いです。
M8の色彩の豊かさ、三裂星雲の赤と青の発色、そして銀河の色合いも本当に自然ですね。
風来坊
2008/05/28 00:26
夏の色物・・・第1弾!ですね〜(笑)
イプは、さすがにシャープです。ラージフォーマット+イプは、最強の組み合わせですね。素晴らしい。
色合いは、もう少し黄色〜緑を抑えても良いと思います。
左下の天の川部分は、黄色い発色でイイですが、全体的にみると、青の成分がもう少しあっても良いのでは無いでしょうか。
M8の周りには、M20ほどでは有りませんが、意外と青の成分があるようです。淡いですが・・・。
ベランダGPD
2008/05/28 13:37
風来坊さん、こんばんは。
はい、εは明るくて、良い望遠鏡だと思います。
発色は、難しいですね、本当に。
ネットで、他の人の写真を参考に見ながら画像処理してみたのですが、ちょっとしたことで、どんな色調にでもなるので、一部、ステライメージの自動機能に任せてしまいました(苦笑)
sho
2008/05/28 23:28
ベランダGPDさん、こんばんは。
はい、夏の色物です、いよいよ。
最強の組み合わせ・・・、それは「FSQ+ラージCCD」ではないでしょうか。
もちろん、イプの明るさとシャープさは、私には、もったいない性能ですが(笑)
アドバイスありがとうございます。
色合い、黄色〜緑を抑えて、青色をもう少しですね。
ステライメージ6では、RGBごとのヒストグラム見れるようになったのですが、この領域のように写野全体がカラフルだと、どうしてよいのか、よく分かりませんでした。結果、自動調整機能を一部使ってしまいました。
さらなる精進が必要ですね。
sho
2008/05/28 23:38
広角で撮影したようにも見えます。色鮮やかできれいですね。
干潟の様子が最高にすばらしいです。★
けんじ
2008/05/29 14:41
けんじさん、こんばんは。
そうですね、広角で写したような感じもありますね。
イプシロンの短焦点(500mm)と、35mmサイズCCDの組み合わせなので、実際、広写野だと思います。
あと数枚、夏の星雲を写していますので、画像処理ができたら、UPしますね。
sho
2008/05/29 23:01
このエリアの画像が出てくると、
もうすぐ夏だなあ〜〜と思うようになります。
星雲の柔らかい感じの描写がいいですね。
それに広い画角で、とても開放感があり
空間の広がりを実感できますね。
しゅうちゃん
2008/05/31 08:22
しゅうちゃんさん、こんばんは。
星見は、もう夏ですね。
土星も西空に見えるようになって来て、木星が見えるようになってきました。
星雲・星団も、夏物に衣替えです。
カラフルで、広がりのある星雲を狙いたいと思います。
sho
2008/05/31 22:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
干潟星雲と三裂星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる