山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS M97とM108

<<   作成日時 : 2008/05/11 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

おおぐま座のM97とM108です。

画像


左下が「ふくろう星雲」と呼ばれている惑星状星雲M97です。
そして右上が、M108銀河です。
同じ視野に見えていますが、これはたまたま方向が同じなだけで、実際には、この2つはとても離れた位置にあります。
今回はピントが甘かったようです。また、片側の星像が伸びてしまっています。
色あいもいろいろと試みましたが、いまいちでした。

撮影日:平成20年4月29日
望遠鏡:VC200L(レデューサ)
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-15℃)
露出:L15分×8 , RGB各2分×2(2×2) → 訂正(08/5/20):RGBは、各8分×2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ハッキリしてて綺麗ですね(^_^)/ 夏は星雲星団の季節ですね。なにやら高度な機材が盛りだくさんと出てきてますね。私は夏に向けてR200SS使用時のガイド望遠鏡を買ってお金が尽きてしまいそうですm(__)m なので今ある機材で腕前をあげて克服する事を第一に考えてますよー
けんじ
2008/05/12 00:03
フクロウ星雲の色合いって面白いですよね〜。惑星状星雲特有かな〜。
OVで写すと面白そう。HαとOVで、AOO合成してもこの色は出そうですね。
ピントというよりは、片ボケ(スケアリング不足)の感じがします。
VC200の接眼部には、相当過酷な機材だと思いますので、ちょっとしたことがスケアリングミスに繋がりますよね。
RGB画像をもう少し撮影するといいかもです。
ベランダGPD
2008/05/12 11:27
けんじさん、こんばんは。
これからは、夏の星雲星団の時期ですね。
私の方も、昨晩(今日の早朝)は、いて座付近の散光星雲を撮影しました。
今度処理できたら、アップしますね。
私も今ある機材で頑張るつもりですよ。
でも、次に欲しいものを考える想像ショッピングも楽しいです。
sho
2008/05/12 21:04
ベランダGPDさん、こんばんは。
AOO合成ですか、どんな風になるのでしょう。
私もHαフィルタだけは持っていますが、まだ本番撮影していません。これから、月が大きくなってくるので、試してみようと思っています。

片ボケ(スケアリング不良)ですか。私のCCDは軽い方ですが、フィルタホイールとあわせるとかなりの重さになってます。VC200Lの接眼部を強化すれば良いのでしょうが、先立つものが。
RGBをもう少しですね、アドバイスありがとうございます。
sho
2008/05/12 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
M97とM108 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる