山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS この星は何でしょう?

<<   作成日時 : 2008/06/22 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

この写真を見て、どこなのか?明るい星の名前が分かりますか?

画像


明るい星は、はくちょう座のε星です。

じつは、この領域を撮影したくて撮った写真ではありません。
狙いたかったのは、この近くにある網状星雲です。
いつものように、まず対象近くの比較的明るい星を導入し、再アライメントしました。
次にピントの再確認をしました。
そして、対象を導入しないといけないのですが、ここで、そのまま撮影を開始してしまったのでした。
さらに、1コマでも撮影画像を確認すれば良かったのですが、放置プレーにしたために、この写真が出来上がりました。

でも、この写真はこれで、よい感じかなぁ〜と思います。
無数の星が輝いています。双眼鏡で、天の川を見ると、ちょうどこんな感じに見えます。
写真左下に、網状星雲の一部が写っていますね(笑)

撮影日:平成20年6月12日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002 (-10℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:L10分×6 , RGB各5分×2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、こんばんは。
何も言われなければ、天の川の中の
綺麗な輝星の写真として完成してますよ。
輝星を中心からずらして構図を安定させ、
無数の星々の中で、ひときわ明るく輝く
この星を狙ったんだなあ〜と思いました。
イプシロンがε星を撮るのも何かの縁ですかね?
しゅうちゃん
2008/06/23 00:36
星雲・星団の撮影時の導入の仕方は、EQ6Proで私も同じです。撮影のときは3つもアライメントする必要はありませんね。付近の星(子午線より東西どちらか、撮影対象とアライメント用星が同じほうにあれば、多少離れていてもいいようです)1つで十分です。ピントの合わせ方も同じです。やはり、この方法がBESTのようですね。
風来坊
2008/06/23 00:45
しゅうちゃんさん、こんばんは。
私は、何かしらどこかでミスをすることが多いです(苦笑)
ミスを皆無にはできないと思いますが、成功率を上げる努力は、やはり必要ですよね。
この写真の輝星が中心にないのは、写真下部の網状星雲を入れたくて上部のみをトリミングしたためです。元画像では、輝星が中心です。
イプシロンでεですね(笑)
sho
2008/06/23 22:24
風来坊さん、こんばんは。
そうですか、風来坊さんも同様の手順をされてるのですね。
自動導入の精度は、たぶんかなり信頼できるものなんでしょうが、構図を考えるとやはり、再アライメントですよね。
ピントに関しても、時間の経過(温度の下がり具合)によって、ピンボケになることがありますね。
ただ、いずれにしても、今回のような失敗をしているようでは、意味がないのですが。
sho
2008/06/23 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
この星は何でしょう? 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる