山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 貴重な晴間

<<   作成日時 : 2008/06/28 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

この梅雨時期に、貴重な晴間がありました。
昨日と一昨日は、薄曇ではありましたが、何とか星見ができました。

画像


久々に見た木星です。感動しました。
しばらく見続けているうちに、木星の模様がよく分かってきます。
さらに、大気の揺らぎがピタッととまる瞬間があって、そのときは表面の濃淡がはっきりして感動します。


衛星も写るように、倍率を下げてみました。

画像



撮影日:平成20年6月27日
望遠鏡:TSA-102S
赤道儀:SXW
カメラ:ToUcam

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、おはようございます。
惑星のように、形の分かるものを
たまに見ると、よけい感動しますね。
私もしばらく惑星を見てないような
気がしてます。梅雨の晴れ間にでも
見てみようかな?
しゅうちゃん
2008/06/29 07:04
しゅうちゃんさん、こんばんは。
いいですよ〜木星も。
今度の晴れ間には、ぜひ、見てみてください。
という私も、最近は撮影の方が忙しくて、ゆっくり星を眺めることが少なくなりました(苦笑)
sho
2008/06/29 21:48
綺麗な木星ですね。 赤道儀が私と同じSXWですね(^_^) SXWは久しぶりの始動ですか?
所でTSA-102Sって焦点距離が800mmちょいですよね? 木星は大きく写っていますが拡大撮影ですか?
けんじ
2008/06/30 17:23
けんじさん、こんばんは。
はい、けんじさんと同じSXWでの撮影です。
久しぶりというよりは、使い分けをしております。
眼視観望と月・惑星の撮影はSXWの役割としていますよ。
それから、TSA長焦点だと、下の画像のように、木星も小さく写ります。
上の写真は、2倍バローレンズを使い、さらに画像処理時に1.5倍に拡大しています。
けんじさんも、今度チャンスがあれば、惑星を撮影してみてください。
sho
2008/06/30 22:32
shoさん、スッキリした、繊細な模様が見えている木星ですね。私もToUcamで惑星撮影を何度か挑戦しているのですが、なかなか、うまくいきません。
SXWをお持ちですか、私は、GPD+SS2000PCを持っているのですが、モーターは同じDCサーボですよね?振動が気になりませんか?私の場合、惑星を高倍率で見ていると、どうもスッキリしなくスイッチをOFFにするとはっきり見えるように思えました。それで2軸MDと必要に応じて取替えていたのですが、今はSE赤道儀(HEQ5とEQ6Pro)がメインになり、殆ど使っていません。
風来坊
2008/07/03 21:12
風来坊さん、こんばんは。
惑星撮影も難しいですよね。私の写真も、まだまだです。

はい、SXWを持っています。天文趣味復帰の際、最初に買った赤道儀です。
振動・・・ほとんど気になりません。ただ、ピリオディックモーションがけっこうあるのと、バッククラッシュも大きいように思います。(すみません。振動は、このことですか?)

でもそれは、最近ステッピングモーターを使うようになったから思うようになったわけで、以前はSXW&VC200L直焦点撮影をしていました。(ガイド成功率は低かったです・・・)

SXW、最近は、眼視遠征用に愛用しています。
sho
2008/07/04 00:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
貴重な晴間 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる