山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 干潟星雲と三裂星雲 再チャレンジ

<<   作成日時 : 2008/06/07 20:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

いて座のM8とM20です。

画像


前回は、M8星雲左側の猫の手がはみ出してたので、再チャレンジしてみました。
写野いっぱいに無数の星があって、また、星雲の広がりもその境目がどこまであるのか、画像処理をしていると、どの程度に落ち着かせればよいのか分からなくなってきました。
色合いについても、微妙な調整の違いで、雰囲気がガラリと変わってきます。
夏の色ものは、楽しいですね。

撮影日:平成20年5月11日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-10℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:L10分×6 , RGB各5分×2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、こんにちは。
カラフルで、綺麗ですね。
暗黒帯と、星雲のコントラストが立体的で、
奥行きを感じます。
赤い星雲は、以外と広範囲に広がってるようです。
それにしても、ニャンコの手は面白い形ですね。
しゅうちゃん
2008/06/08 18:48
しゅうちゃんさん、こんばんは。
ほんと、カラフルな領域ですね。
コントラストについては、中間のトーンが出てないようで、強すぎたのかなと思っています。
プリントもしてみたのですが、画面とは全然違ったものになってしまいました。プリンタを買うかどうか、迷っています。
はい、ニャンコの手、面白いですね(笑)
sho
2008/06/09 00:17
構図も決まり、画像処理も以前のものより私好み(笑)になりましたね〜。
猫の手は、意外と良く写る!ので、是非とも一緒に入れたい対象です。
今回は、M20周辺の青が良く出ていると思います。
この青、空の暗さと透明度が良くないと、全然写らない難物ですよね。
光害地からは、高度の関係もあり、とても難しい対象の一つです。
B画像の露出を伸ばすと、更に青の写りが良くなると思います。
しかし、撮影は梅雨明けに持ち越しですね〜。ジメジメ・・・。
ベランダGPD
2008/06/09 11:37
ベランダGPDさん、こんばんは。
私もこれくらいが好みなのですが、ネットで他の方の写真を見ると、私のものより軟調な仕上がりが多いように思いました。私のが、硬調すぎるのかもしれません。

なるほど、B画像の露出ですね。確かに、B画像だけ、いつも露出不足だなと感じておりました。今度(いつになるのやら)、試してみます。
それにしても、毎日、厚い雲とニラメッコして過ごすのも辛いですね(苦笑)
sho
2008/06/09 22:06
shoさん、今晩は。
お久しぶりです。

この写真は見事に綺麗ですね。M20の青色とM8左側の淡い青も出ていますね。shoさんの撮影される夏の天の川の青色をかなり楽しみにしていたので、この写真を見せていただき”おぉ〜綺麗!”と思いました(^^v
赤も黄色も緑もバランスの撮れた一枚だと思います。感動です!
 私、金曜日にしらびそ高原へいきなり行きたくなり仕事終わってから気力で行きました。M16、m17を撮影してきましたよ。わし星雲の等倍は難しいですね(≫_≪)
けんじ
2008/06/11 21:04
よっしゃああぁ!構図、よしっ!も少し広けりゃもっとよしっ。色目、よしっ!ニャンこの足、よろし、うちのニャンこの足跡みたい!星雲の真ん中はなんか乳首に見えてきたぞーィ。庭先でこんなの撮れるロケーション、最高ね。
entropist
2008/06/11 23:23
けんじさん、こんばんは。
夏の星雲は、カラフルで、本当に楽しいですね。
赤い星雲は、たくさんありますが、写真にそれなりに写ってくれる青い星雲は案外に少ないですよね。
青い星雲の代表格は、スバルのまわりの星雲ですが、あれほど鮮やかなものは別として、私は三裂星雲のまわりの青が好きですよ。
けんじさん、しらびそに行かれたのですね。わし星雲、さっそく見せてもらいますので。
sho
2008/06/11 23:33
entropistさん、こんばんは。
ありがとうございます。
はい、もう少し広いと良いですよね。
方法としては、角度を変えて撮影した複数枚の写真をつなぎ合わせる方法と、焦点距離が短い望遠鏡で撮影する方法がありますね。前者は、つなぎ合わせることを前提とした構図取りや画像処理など高い技術が必要で、後者は、お金が必要です。
庭先での観望や撮影も楽しいですが、いつかお山の上に天文台を建てたいですね(笑)
sho
2008/06/11 23:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
干潟星雲と三裂星雲 再チャレンジ 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる