山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS M16とM17 2日分合成

<<   作成日時 : 2008/07/27 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

わし星雲(M16)とオメガ星雲(M17)、撮影2日分を合成してみました。

画像


M16とM17、私のところでは光害のため今シーズン見納めになると思います。
7月11日の1日分だけでは、カブリがうまく補正できなかったこともあり、以前の写真と合成してみました。
画像処理、私の未熟さからですが、1枚の写真を作るのに、大変な時間がかかります。
撮影は全自動化されて、冷却CCDの方が楽なのですが、画像処理は一眼デジの方がずっと楽でした。

撮影日:平成20年5月11日、7月11日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-15℃、-5℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:5月11日 L10分×6 , RGB各5分×2(2×2)
    7月11日 L10分×6 , RG各5分×2 ,B5分×3(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、こんばんは。
総露出時間3時間越え、ご苦労様です。
それにもまして、処理時間はどれくらい???
暗室処理から開放された、この時代でも
明室処理時間の問題は当分続きそうですね。
しゅうちゃん
2008/07/27 01:04
しゅうちゃんさん、こんばんは。
3時間と5分の総露出ですね。
本当は、7月11日だけで画像処理をしたかったのですが、月明かりと光害の影響で、どうしてもカブリの補正がうまくいかず、以前のものと合成してみた次第です。
処理時間は、今回に限らず約2時間以上は、かかってしまいますね。
基本的にステライメージのみなんですが、何度もトライアンドエラーを繰り返しております。
出来上がりの良し悪しは別として、一眼デジカメの方が処理が簡単でした。
sho
2008/07/27 22:17
こんにちは。
コンポジットの事でお聞きしたいです。
いつも疑問に思うのですが、例えば20分×1枚撮影と5分×4枚撮影された写真があるとします。「20分露出は難易度が高いので5分を4枚撮影しコンポジットし20分分の光を稼いだ。」と仲間内で話していますが、加算なら話は分かりますが、加算平均は平均をとるので何枚重ねても4分露出の写真のままだと思います。コンポジットは画像をなめらかにする技術だと思うのですが実際光を稼げてるのでしょうか?
けんじ
2008/07/28 18:30
けんじさん、こんばんは。
私も詳しくないので、勘違いがあったらごめんなさい。
まず、総露出時間が同じで、1枚当たりの露出が長いが良いか、枚数が多いが良いかについて、1枚当たりが長い方が、よりSN比が高くよい結果が得られるようです。ただし、1枚当たりが適正露出の範囲内であることが前提です。例にある20分露出の場合、感度を落とさないと飽和してしまうのではないでしょうか。また、短すぎる場合もいくら枚数を重ねてもだめのようです。適正露出を枚数多くがベストだと思います。
次に難易度の件ですが、オートガイドを前提にすれば、20分も5分もそんなに差がないと思います。5分を超えるとガイドエラーになるようでは、枚数を重ねてもあまり良い結果にならないと思います。20分でもガイドがうまくなるように調整した方が良いです。
最後に加算と加算平均ですが、ステライメージの場合、結果は同じです。
言われるようにコンポジットは、SN比をあげてなめらかにするためのものです。レベル調整をして、星雲の諧調を広げコントラストをあげる際に、その数値幅が変わるだけで、加算も加算平均も同じです。
sho
2008/07/28 23:17
shoさんへ。
アドバイスありがとうございました。助かります。
やはり、適性露出まで達していない画像を何枚重ねようがどんだけ画像処理を工夫しようが画像データに光の情報が無いので駄目な様ですね。
適性露出まで達している画像を沢山重ねる事がなめらかな画像になりますし強烈な画像処理の施してもバックが荒れにくいですね。
20分露出の件ですが、私は最高で30分(D50は30分しか出来ない為...(^^;)開放していますが、ISO1600でも飽和しないですよ(*_*)/
但し、山奥での撮影の場合ですが...(^^; 最近は一晩で2種類の天体を星雲・銀河だと約10分〜20分の露出で10枚程度撮影しています。球状星団なら沢山撮影したいので5分以上10分以内で撮れるだけ撮っています。
けんじ
2008/07/29 12:26
追伸です。。
レデューサー付きオファキは夢に終わってしまいましたm(__)m
結局従来からの予定だったR200SSの鏡等バンドの天辺に雲台プレート付けて小型のガイド鏡を装着してガイド撮影することにしました。>>大きめの星雲撮影の為です。 どうやら理論上は撮影鏡筒の焦点距離に対してガイド鏡の焦点距離は1/4mmで充分見たいですね(*_*) 私のやってる同焦点でのガイド撮影がかなり至難の業だと言うことが最近知りました(*_*) しかしR200SSでガイド鏡焦点距離200mmでは心細いし、他への応用も利かないので、600mm以上を検討しています。結局色々な物が欲しくなり、欲よりお金がついていけない状態の私です(≫_≪)
けんじ
2008/07/29 12:38
けんじさん、こんばんは。
いえいえ、少しでも参考になれば幸いです。
30分(ISO1600)露出でも飽和しないのですか、素晴らしい場所ですね。もしかして、しらびそ高原ですか?
ガイドの件ですが、確かに同焦点だとその分シビアになりますね。
でも、SBIGのST2000やSTLカメラはセルフガイドですので、同焦点なんですよね。たわみや、重量オーバーの問題がないので、うまくいけば、最も良いガイド方法だと思います。もちろん、オフアキも同様の理由で。
けんじさんの場合は、VC直焦点1800mmなので、いずれの方法であっても、超ハイレベルなんですよね。
R200による広写野の作品も期待してますので。
sho
2008/07/29 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
M16とM17 2日分合成 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる