山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS ソフト系フィルタではありません

<<   作成日時 : 2008/07/06 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

はくちょう座のNGC6992です。

画像


網状星雲です。ソフト系フィルタを使っているわけではありません。
半月の上、薄曇か霞のため、星のまわりに盛大なぼかしがかかってしまいました。
アップするには恥ずかしい写真ですが、Hαの初合成でもあったので、何とか画像処理をしてみました。


撮影日:平成20年6月13日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002 (-10℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:L10分×6 , Hα15分×2 ,
RGB各5分×2 ,Hα10分×2 (2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
恒星の色がよく分かりますよね〜っと良い方向に解釈しましょう!
L画像にHα画像をフレンドして、更にR画像にHαをブレンドですね。
超新星爆発の残骸は、HαとOVで十分きれいな発色になりますので、今回の場合は、Hαが強すぎの感じなので、GBの露出を延ばすことで、フィラメントのエメラルドグリーンが出てくると思います。
思い切って、2x2ビニング画像で、HαGB合成って方法も面白いと思います。R画像を切り捨ててしまうので、勇気がいりますが・・・。

お祝いのメッセージありがとうございました。
ベランダGPD
2008/07/06 00:49
ベランダGPDさん、こんばんは。
星ナビ入選、おめでとうございます。
今日、星ナビを買いに本屋さんに行ったのですが、こちらは田舎のため、明日にならないと入荷しないそうです・・・残念。
明日、じっくり入選作品を見せていただきます。

Hαの撮影、思ったよりも難しいものですね。
まず、露出時間が意外と必要ですね。
それから、フィルタの厚みが他のものと違うので、ピント合わせが別途必要になります。
何よりもご指摘の、GBとのバランスが分かりません。
でも、Hαで撮影すると、星雲が見事に浮き上がっているので、使いこなせれば、今までにない写真が撮れる楽しみがありますね。
sho
2008/07/06 21:18
shoさん ちょっと教えてください。
EM400にε180とVC200+αを搭載されていますよね。
当然、バランスウエイトは、8kg×3個でしょうか?
最近、VC200の強化バンド使用にしたところ、FSQと一緒だと2個ではバランスが厳しくなりました。
移動はしないので、3個体制にしようかな〜と考えてます。
よろしくお願いします。
ベランダGPD
2008/07/06 21:44
ベランダGPDさま
はい、お答えします。
ニューアトラクス用の7キロを追加して、計3個としています。
タカハシ純正は、やはり高いので。
それから、余談ですが、同架しているプレートは、アルミ15ミリ厚のものを数千円で金属販売店から購入して、自分で穴あけをしました。
sho
2008/07/06 22:56
早々のご回答、ありがとうございました。
ニューアトラクス用が流用できるのですか〜。知らなかった。
鏡筒バンドやプレート自体の重さも、バカにならないですよね〜。
特に、強化すると、この部分の重量が増えてきますので、今までバランスしてたのに?って事になってしまいます。
ちなみに、私は、K-Astecさんのアリガタ&アリミゾシステムをEM400のヘッドに付けています。
左右のバランスを取る(カメラを変更したりした場合)のに重宝しています。このアリガタに趣味人さんの汎用マッチプレートを介して、VC&NewQを並列同架してあります。
ベランダGPD
2008/07/06 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソフト系フィルタではありません 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる