山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS さんかく座の銀河

<<   作成日時 : 2008/09/20 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

さんかく座のM33です。

画像


アンドロメダの足元近くにある銀河で、大きさは満月の約2倍もあります。
自宅から望遠鏡では光のシミのように見えますが、渦巻までは分かりません。
空が十分に暗くて、大口径であれば、もしかして渦巻が見えるのでしょうか。

私の写真は、いつも色彩に乏しい感じなので、今回は少々強調してみました。
改めて見ると、もう少し控えめな方が、私には好みかもしれません。


全景はこちら

画像



撮影日:平成20年9月4日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-10℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:L10分×7, RGB各5分×2 (2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
控えめがお好みのようですが、私にはこちらの方が好みです!
本当の色は誰にも分からないので、観賞用と割り切ればカラフルさも重要では・・・と思います。
星々の色、星雲の外周、そしてHα領域と私好みの色彩です。
ベランダGPD
2008/09/21 00:07
shoさん、今晩は。
私もこちらの写真が好みですよ。 像もハッキリしてますし星雲の外周も私の好みです。特に今回の作品は青色が強調されているので綺麗です。
 ところでshoさんの写真と比較すると私のはいつも全体的にノイズが多く荒れた画像になってしまいますm(__)m、一眼デジカメで撮した星雲・銀河の写真を強烈に画像処理するのはコンポジット枚数を増やすしかないですかね。。。?
けんじ
2008/09/21 18:06
ベランダGPDさん、こんばんは。
はい、自分の写真に慣れてしまったためか、控え目の方が好みになっています。
でも最近は、ネットや雑誌などで、素晴らしい写真を見させていただいているので、いわゆるスタンダードが分かってきたような気がしています。
確かに、観賞用として撮影しているので、もっと見栄えがする仕上げが必要ですね。
sho
2008/09/21 21:05
けんじさん、こんばんは。
けんじさんも、こちらの方が好みなんですね。
今後は、もっと色合いが出るように、調整してみます。

ノイズの件、そうですね、淡い光を画像処理で強調しようすると、ノイズも強調されるので、対策としては、十分な露光とコンポジットだと思います。
さらに、もう一つ、最近は冷却ってのもありますね。
冷却一眼デジが、今後全盛期を迎えそうな気がしています。
sho
2008/09/21 21:10
「本当の色は誰にもわからない。」とおっしゃっていますよね。ウチもそう思いますし、見るならきれいな、迫力ある神秘的な?のがいいでしょ。色についても「魅せるもの」をお願いします。色鮮やかなM45とNGC2237を使わせていただいています。
entropist
2008/09/22 08:14
entropistさん、こんばんは。
なるほど、確かに本当の色は誰にも分かりません。
同じ見るなら、色鮮やかな方がよい、納得です。
これからは、できるだけカラフルに仕上げてみようと思います。
対象も選ばないといけないですね。
sho
2008/09/22 22:51
shoさん、こんばんは。
色彩豊かでとても綺麗です。
この銀河を見ると、秋の深まりを感じますね。
秋のひんやりした空気感が、この銀河には
とても良くマッチングしていると思います。
しゅうちゃん
2008/09/22 23:33
shoさん、今晩は。
今日は教えていただきたいことがあるのですが。。
 単刀直入に、私の現在使用の赤道儀をEM200や400に変更するとガイド性能もかなりよくなると思われますかね?
 二つ目ですが、例えばガイド中に+y方向にずれた星を0に戻そうと制御装置は-y方向へ動きますが0で止まらず通り越えて-y方向へ行ってしまます。そうすると当然0へ戻そうとする為+y方向へ動き出しますがまたまた0を通り越えて-y方向へ行ってしまうと言う繰り返しで、グラフ的にはバイオリズムを描いた様な感じになってしまいますが、これはバランスがですか?それとも赤道儀?別の理由でしょうか? 
もう一つお聞きしたいのですが... 綺麗にガイド出来ていても急に上記のバイオリズム見たいになりガイドできなくなるのは何が考えられますか? たくさんの質問すいませんです。良ければ教えて下さい。。。 
けんじ
2008/09/23 00:03
追伸です。
VC200Lでの撮影成果ですが、大体ガイドが上手く出来る割合が2割くらいですm(__)m ガイド撮影暦は2週間に1〜2度程度のトライで8ヶ月くらいですが、一般的に成功率は低いですか?ズバリ答えてもらえると凄くありがたいです。
色々とすいません。 もし赤道儀に限界がある事が主な原因ならばスカイセンサーかEMシリーズに変えたいと思っています。アドバイス宜しくお願いいたします。
けんじ
2008/09/23 00:12
しゅうちゃんさん、こんばんは。
秋って感じしますよね〜、やっぱM33を見ると。
色彩については、強調した方がよいとの考えになってきました。
でも、ノイズを目立たせないように、カラフルにするのは、難しいです。
お気づきのように、この写真も、縦じまがあったり、クールピクセルや色ムラがあったりと、加減が難しいです。
画像処理の勉強をしたいですが、なかなか時間が取れません(苦笑)
sho
2008/09/23 01:15
けんじさん、こんばんは。
とても、人に教えるような立場ではないですが、私もSX赤道儀とVC200Lのユーザーなので、体験談と感想ということでお話しします。
まず、赤道儀の件、EM200か同等以上のクラスにすると、別次元のようにガイド精度が向上すると思います。
2つ目、言われるバイオリズム現象は、SXでは私もよく経験しましたよ。STARBOOKのバッククラッシュ補正は無にしておられますか?眼視時は、補正が必要ですが、ガイド撮影では無でないと逆にまずいようですね。
ただ、バイオリズム現象の原因は、設定、バランス、たわみなど、いろいろあると思いますが、一番の解決策は、赤道儀交換だと思います。少々まずいところも吸収してくれると思うからです。
SXでの成功率の件、はっきりと覚えていませんが、私もたぶん同じような感じだったと思いますよ。
赤道儀は、EM200、EM400、EQ6、アトラクスなどで、まずはRS200までの焦点距離で、完璧ガイドを目指してみてはいかがでしょうか。VC直焦点は、ハイレベルですよ。
すみません、お気を悪くされませんように。
sho
2008/09/23 01:44
shoさん、コメントありがとうございます。
考えがかなり楽になりました。
やっぱり「赤道儀交換」が一番の解決策ですね。天体もやっていくうちに写真撮影などやりたい事が見つかると思うので次々出ていく大きな予算はしかたないですね。。(^^; 
将来的な面や失敗などのロス時間を減らす事や予算、快適に撮影を楽しむ..なども考慮すると、EM200、アトラクスなどを検討しています。冬のボーナスとお相談です。。(*_*) アトラクスだとSTARBOOKを使い慣れてるので決めたいところですが、同じ様な価格ならEM200にしたいです。最大搭載重量を考えるとEM400レベルが欲しいです。ちなみにEMシリーズはオートガイドと天体自動導入・追尾を1台のPCで制御できますか?
けんじ
2008/09/23 17:32
バックラッシュはOFFですよ。 ONにするとガイドが荒くなって何ともならないです(*_*) VC直焦点はやっぱハイレベルですね。 それでもR200SSとVC200Lを使い分けながら撮影を楽しみたいのでダブル制覇で頑張りますよ\(^_^)/ 色々とお聞きしたいことが出てくると思いますが、その時は宜しくお願いいたします。
けんじ
2008/09/23 17:37
けんじさん、こんばんは。
いえいえ、お礼なんて・・・、私の方こそ、こうして星見やブログを楽しんで続けているのは、けんじさんのおかげなんですから。
そうですね、赤道儀がしっかりしていた方が、望遠鏡の性能を引き出せるだと思います。
ご質問の件、EM赤道儀は、オートガイドと自動導入を1台のPCで制御可能ですよ。
こちらこそ、これからも、よろしくお願いいたします。
sho
2008/09/23 18:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
さんかく座の銀河 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる