山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 構図失敗

<<   作成日時 : 2008/09/27 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

カシオペア座のIC1848です。

画像


この星雲は、ハート星雲(IC1805)のすぐ東側にある淡い星雲です。
形が「赤ちゃん」のようだと言われていますが、そう思ってみると確かに見えますね。(頭が写真左側)
いつも撮影前には、試写をして構図を決めるようにしているのですが、淡い星雲であったため全体像が確認できないまま本撮影をしてしまいました。
そのため、まるで、頭突きをしているような失敗作となってしまいました。
また、カブリのためか、写真の左右では背景の色が違っています。


撮影日:平成20年9月9日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-10℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:L10分×8, RGB各5分×3 (2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、こんばんは。
赤ちゃん星雲ですね。
確かに痛そうです。
失敗も時には、面白い作品を生むもの
ですね
しゅうちゃん
2008/09/28 19:32
ちょっとリアルすぎる。怖い。と思ってしまう変な私?胎児とかやめてほしい・・・。でもみごとにそれを捉えてますなあ。
entropist
2008/09/28 20:54
しゅうちゃんさん、こんばんは。
構図取りは、後処理では、どうにもならないですね。今年の私の目標は、「1枚を大切にする」なのに、こんな失敗が多いです(苦笑)

天体写真は、機材調達、天気、撮影場所、対象選定、構図取り、ピント出し、長時間露出、ガイド、そして画像処理と、克服すべき課題がたくさんありますよね。その分、自分で撮影した写真が、出来上がる楽しさもあるわけですが。
sho
2008/09/28 22:59
entropistさん、こんばんは。
すみません、怖いように思われたようですね。本文の表現は「赤ちゃん」に替えることにしました。
宇宙が作る造形美、人が何かに見立てた一例です、どうぞご容赦ください。

宇宙は、すごいですよね。
星を生み、星は生命を生み、その生命の一つである人が星を見て感動する。
広大で、想像もできないほどの時間、でも、私たちもその宇宙の大切な一部なんですよね。
sho
2008/09/28 23:12
宇宙の大切な一部なんですけれど、その前に地球は危ないよね。誰かが言う「経済的繁栄と地球環境の保全」の両立はありえません。ブラジルだったかしら、地球環境サミットがあったのは。そこで持続可能な開発だとかという言葉が流行りかけたりしたけれど、それはもう地球的視野に立ってもこんなアンバランスな開発や成長は続けられない。これらはトータルには、熱力学第2法則に反するんだから。これからは、経済も含めて、底上げ再配分。等価な時間は自然流(ジネンリュウ)。二酸化炭素の排出権だって、国民一人当たりとすべきですよ。足ることを知りましょうよ。もう規制緩和のほったらかし資本主義は終わるんですから。
entropist
2008/09/28 23:53
entropistさん、こんばんは。
「足ることを知る」深くて、良い言葉ですね。
私自身、現状に満足できず、「もっと、もっと」と欲が出てきて困ったものです。天体写真に関しても、今の機材を使いこなしていないのに、次々と新しいものが欲しくなって(苦笑)
地球はこのままだと、確かに危ないかもしれませんね。環境問題を、みんなが本気で考えるようになった頃には、すでに遅いのかも・・・。
でも、私は信じたいですよ、人には理性と知恵があることを。
sho
2008/09/29 22:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
構図失敗 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる