山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS シャボン玉星雲

<<   作成日時 : 2008/09/11 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

カシオペア座のNGC7635です。

画像


中央よりやや右下にある赤い散光星雲が、シャボン玉星雲NGC7635です。
そして、左上にあるのが、散開星団M52です。
一度に散光星雲と散開星団が楽しめる、ある意味贅沢な領域です。


全景(4:3になるように一部トリミング)はこちら。

画像


写真右側にある明るくて赤い散光星雲は、NGC7538です。
その他にも、複雑な形の星雲が広がっているようです。


撮影日:平成20年8月9日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-5℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:L10分×8, RGB各5分×3 (2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、こんばんは。
星団と星雲のコラボ綺麗ですね〜〜
最近、星空の美しさを表現するには、
散開星団がいいかな?と思ってます。
長年星空を撮影して来ましたが、
まじめに星団撮影をして来なかった
ような。。。
冷却CCDによる星団の撮影、意外と
新鮮かもしれませんね。
しゅうちゃん
2008/09/13 01:00
この辺りは、いい領域ですね〜。
散光星雲には、皆さん目が向きますが、散開星団は以外とマイナー。
星々の集まり、そして宝石のような輝き〜。
星の個々の色を表現できると、とてもきれいな対象だと思います。
色の表現は難しいのですが、挑戦する価値は十分ありますね〜。
ベランダGPD
2008/09/13 11:54
しゅうちゃんさん、こんばんは。
星雲と星団の組み合わせは、例えば干潟星雲やバラ星雲などもありますが、このシャボン玉星雲のM52のような配置も、なかなか良いですよね。
星団、確かに私も、どちらかと言うと星雲や銀河の方が主で、星団の撮影はそんなに多くなかったように思います。
星団と言えば、これからは「すばる」の季節ですね。
まずは、「すばる」から・・・。
sho
2008/09/13 23:11
ベランダGPDさん、こんばんは。
星の個々の色、そうなんですよ、星の色が大切なんですよね。
画像処理で、淡いものを引き出そうとすればするほど、星の色がどんどん失われていきます。
私のこの写真も、まさにそれで、星の色が飛んでしまいました。
星雲もですが、星を大切にした画像処理を勉強したいものです。
sho
2008/09/13 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
シャボン玉星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる