山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS あれい星雲

<<   作成日時 : 2008/09/16 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

こぎつね座のM27です。

画像


満月の4分の1の大きさがあります。
お月さまと言えば、昨日は中秋の名月でしたが、雲に覆われて、残念ながら十分に見ることができませんでした。

このあれい星雲、冷却で撮影すると、なぜか緑色になります。たぶん画像処理の問題なので、「冷却で」という表現は適切でないと思いますが、一眼デジカメでは青色になるので不思議です。本当は何色でしょう。
眼視では色は分かりませんが、星雲の中では見易くて形もよく分かる対象なので、夏時期は楽しみにしている星雲の一つです。

全景はこちら

画像


小さい!長焦点のバイザックの方が良かったのかも。


撮影日:平成20年8月21日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-10℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:L10分×6, RGB各5分×3 (2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
イプだと少々拡大率が足りない感じですが、宇宙に浮かぶ姿がかわいいです(笑)
色は、多分フィルターの特性によるものだと思います。
IDASのGは、495〜590nmと結構緑の透過幅が広い(astronomikに比べ)ので、緑が強くなるのでは無いでしょうか。
B画像の露出を多めにすると、もう少し青が出てくると思います。
ベランダGPD
2008/09/16 11:42
ベランダGPDさん、こんばんは。
そうですよね、イプだと小さいです。
となりにバイザックが同架されているのですが、CCDを付けかえることによるバランス調整が・・・(苦笑)
なるほど、IDASのGは透過幅が広いのですね。感度のこともあるかもしれませんが、確かにG画像はいつも他に比べて露光度合いが高いように思います。はい、Bの露出を多めにするようにしてみます。ありがとうございます。
sho
2008/09/16 20:56
shoさん、おはようございます。
宇宙に浮かぶ宝石のようでね。
撮影環境や処理法によって色彩が
微妙に変わる天体なので、とても
興味深いです。
眼視観望でもこの様な色合いが見られたら
最高なのですが、現状無理ですね。
どこかのメーカーで、夢のスーパー
アイピースでも作ってくれないかな〜〜
しゅうちゃん
2008/09/17 05:41
しゅうちゃんさん、こんばんは。
小さめに写すと、宇宙の中にポッカリ浮いた様子が、何とも可愛らしくて、これはこれで良いかなぁと思いました。
色彩については、今後も試行錯誤が続きそうです。
眼視で星雲などの色が見えるアイピースがあれば、ぜひ欲しいですね〜。
sho
2008/09/17 21:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
あれい星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる