山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 二重星団hχ

<<   作成日時 : 2008/09/18 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ペルセウス座のNGC869とNGC884です。

画像


片方だけでも綺麗な散開星団が、2つも並び、低倍率で眺めていると、息をのむような美しさです。
とても見事な星団ですが、なぜかメシエ番号がついていません。
この季節の天体観望時には、何度でも見たくなる対象のひとつです。
写真では、星々の色合いを出そうとしましたが、なかなか思うようになりません。
眼視で見た、一つひとつの星が、それぞれの色で輝いて見える様子、写真で表現してみたいものです。


全景写真はこちら

画像



撮影日:平成20年9月4日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-5℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:L5分×5, RGB各5分×2 (2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
とても綺麗な星団ですね〜!
仰るように星々の色・・・これが表現出来ると、まさに宝石箱!
白く輝く星も微妙な色合いがあるのでしょうから、これを表現するのはとても難しそうです。
RGB合成画像の段階で、如何に星の色を残すか・・・でしょうか。
色情報さえ残せることが出来れば、あとはPhotoshopでお化粧出来ますよね〜(笑)
ベランダGPD
2008/09/19 10:45
ベランダGPDさん、こんばんは。
星の写真を撮っていながら、その星を綺麗に表現するのは、本当に難しいですね。
もしかしたら、星雲や銀河の強調処理の方が簡単なのかもしれません。
その際に、星の色が飛んでしまったり、肥大化したり・・・
Photoshopのお化粧、私もいずれはしてみたいものです(笑)
sho
2008/09/19 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
二重星団hχ 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる