山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS M33 2夜合成

<<   作成日時 : 2008/10/02 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

さんかく座のM33、9月10日にも撮影しましたが、その日だけの画像だと、何だか前回よりも寂しい感じだったので、2夜分の写真を合成してみました。

画像


9月4日撮影分、9月10日撮影分を合成してみました。
L画像   10分×15枚
RGB画像 各5分×5枚
総露出時間は、3時間45分となります。
確かに1夜分のみを画像処理するよりは、少々の処理では破綻しにくいし、調整の幅も広い感じがしましたが、結果は思うような写真になりませんでした。
もっと、くっきりとシャープに、色彩鮮やかに、背景はフラットに、そして星が綺麗に・・・。
最近、画像処理の難しさを痛感しています。


全体はこちら

画像


撮影日:平成20年9月4日、10日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-10℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:L10分×15(4日7枚,10日8枚),
RGB各5分×5(4日2枚,10日3枚) (2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ううむ。なかなか。願わくば、『渦』がも少し強調できれば・・・。先生!あっしにもまた見せてね。眼視でね。写真みたいには見えないよねえ。
entropist
2008/10/02 23:59
entropistさん、こんばんは。
そうですね、もっと「渦」が強調できると、渦巻銀河らしくなりますよね。
星像や背景には影響なく、渦だけをシャープに明暗をくっきりさせるようなことがうまくできるといいなぁと思うのですが、これがまた、なかなか難しいんです。
おいしいところだけに程よいスパイスを効かす、そこら辺りが一流シェフとの違いなんでしょうね。
私なりに、いろいろ研究して頑張ってみます。
はい、また見に来てください。写真のようには見えませんが、ぼんやり雲上の銀河を見ることができますよ。
sho
2008/10/04 00:35
shoさん、おはようございます。

遠い銀河と違って色も構造も鮮明に写る分、欲が出るので、画像処理に凝ってしまい、難しいレベルを求めてしまいますね(≫_≪) しかし、shoさんのM33は完璧のように思いますよ(^_^) 強引になにか要望を出すと色合いですかね。。。? こちらは平日ばかり晴れて週末が冴えませんm(__)m 11月は仲間内で星見のキャンプがあるので今から楽しみです。
けんじ
2008/10/04 06:23
けんじさん、こんばんは。
いえいえ、完璧ではないです。
色合いもまだまだですし、もっと渦巻の様子をくっきりと、まわりの腕の広がりも足らないように思います。
欲と言うよりは、せっかくの機材に申し訳ないような気がするんです。
いろいろ研究して頑張ってみるつもりです。

11月の星見キャンプ楽しみですね。冬の星雲・星団を満喫できると良いですね。
sho
2008/10/05 01:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
M33 2夜合成 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる