山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS NGC7822付近

<<   作成日時 : 2008/10/09 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ケフェウス座の散光星雲NGC7822付近です。
前回は雲にやられましたので、リベンジしました。

画像



写真上部にある横に伸びた赤く淡い星雲が、NGC7822です。
中央左側にある赤く濃い星雲が、Sh2-171です。
残念ながら肉眼では見えませんが、写真では複雑な形や濃淡の様子が写しだされます。
今回は、星の色も出るように意識して画像処理をして見ました。


撮影日:平成20年9月26日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-10℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出L10分×8, RGB各5分×3(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん こんばんは。
複雑な形の散光星雲が、きれいに写ってますね。まさに、「宇宙の神秘」を感じさせられる、写真です。
そろそろ、晴れ間も出てきそうな、予報なのですが、月が・・・。
風来坊
2008/10/10 23:49
shoさん、おはようございます。

色の処理も綺麗ですし鮮明ですし宇宙を感じさせてくれる一枚だと思います。 shoさん、3連休は星日和になりそうですか? 月がありますが私はしらびそ遠征行ってきますよ。
 そうそう、来年に改造デジカメを購入すると思います。
けんじ
2008/10/11 11:34
shoさん、こんばんは。
淡い散光星雲と小粒な散開星団との
絶妙なコラボ、とても美しいです。
ε-180ED+フルサイズ一発撮りの為の
撮影エリアそのものですね。
しゅうちゃん
2008/10/11 20:43
土曜日せっかく連絡いただきましたのに、すみませんでした。気づくのが遅く、alc.を入れちゃいました。またの機会にね。
entropist
2008/10/11 20:49
風来坊さん、こんばんは。ありがとうございます。
このNGC7822付近は、ガスの広がりや暗黒星雲が複雑ですね。
私も撮影してみて、はじめて分かりました。
もっと露出時間を長くすると、おもしろいかもしれませんね。
そうなんですよ、月が大きくなると晴れてくるんですよ。なぜでしょう。
sho
2008/10/11 23:34
けんじさん、こんばんは。
遠征ですか、いいですね〜。今頃は、しらびそでしょうか。
月が沈む頃、明け方のオリオンとか良いかも。
改造デジカメ、楽しみですね。
sho
2008/10/11 23:36
しゅうちゃんさん、こんばんは。
確かに、小粒な散開星団も、点在してますね。
星雲と星団、良い感じの領域ですね。
同じような感じだと、バブル星雲とM52付近も好きですよ。
イプ180の広写野も良いんですが、来年あたりは明るい長焦点が欲しいですね。
sho
2008/10/11 23:40
entropistさん、こんばんは。
もっと早めに連絡すれば良かったですね。すみません。
雲が多かったですが、時々、雲の切れ間から月と木星が見えて、何とか観望会ができました。40人位は来られてたでしょうか。
月のまぶしい明るさと複雑なクレータの様子、木星の縞模様や可愛らしい衛星、自分の目で見て「ワー」と感嘆の声も聞こえましたよ。
sho
2008/10/11 23:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
NGC7822付近 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる