山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS すばる

<<   作成日時 : 2008/10/12 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

おうし座のM45「すばる」、今季初めての撮影です。

画像


写真いっぱいになるようにトリミングしてみました。
フィルタによるハロ、少々気になりますが、それはそれで見ようによっては輝きのアクセントにもなりますね。
青い星雲は、レベルを切り詰めれば、どんどん出てきますが、星とのバランスが難しいです。
この散開星団、撮影や画像処理が簡単そうでも、実は難しい対象だと思いました。

全体はこちら

画像



撮影日:平成20年9月26日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-10℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出L10分×4, L5分×6, RGB各5分×2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
スバルもいい撮影時期になりましたね〜。
青く透明な刷毛で書いたような星雲がとても魅力的ですが、意外と淡く恒星とのバランスが難しい対象ですね〜。
また、青一辺倒ではなく赤みがかった部分もあり・・・で更に難易度が上がっています。
星雲全体がややぼけた印象を受けますが、薄雲の通過が合ったのでしょうか?この部分は、光害地では厳しい所ですよね〜。
また、全体にマゼンタが強いように見受けられます。彩度強調のさじ加減も微妙ですよね〜。
ベランダGPD
2008/10/12 06:47
6連星としては、エンブレムみたいに、恒星そのものを強調したほうが冴え渡る感じが強調できていいような・・・。天体写真としては星雲も魅力的ですが。昨年10月12日の写真から反射鏡の中の斜鏡の影をもうちょっとわからないようにしていただければ、というのが私の感想です。レイアウトも昨年のように星団のが長いほうを写真の長編にあてたほうがいいように思います。いかがでしょう・・・?
entropist
2008/10/12 08:04
ベランダGPDさん、こんばんは。
そうなんですよ、意外と難しい対象だと思いました。赤みがかかった部分もあるようですね。
さすが、ベランダGPDさん、薄雲の通過もお見通しですね。LRGBのそれぞれ2枚計8枚はボツとなり、使えそうなものだけで処理したのが、この写真です。
マゼンタが強いんですね、カラー調整も難しいですね。
sho
2008/10/12 22:10
entropistさん、こんばんは。
今日は、ありがとうございました。
なかなか、言われるような写真に仕上げるのは、難しいですよ。
観賞用としても見栄え、天体写真のスタンダード的なもの、フィルタのゴーストやハロの除去、自由自在に写真ができるとよいのですが。
レイアウト(構図)については、この向きの方が好きなんですよ。
sho
2008/10/12 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
すばる 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる