山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 「くらげ」でフォトショップの練習

<<   作成日時 : 2008/12/29 01:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

くらげ星雲(IC443)で、CS3の練習をしています。まずは元画像です。

画像


ステライメージにて、ダーク・フラット、デジタル現像、LRGB合成と基本的な処理をしました。
ある程度は、トーンカーブ調整などをして、くらげを浮き上がらせています。


この写真から、フォトショップCS3に持ち込んで、練習をしてみたのが、こちら。

画像


輝度部保護マスクをしてのトーンカーブ調整、星マスクから微光星を抑える処理、輝度部分の彩度アップなど、試してみました。



同じ効果となるよう、選択マスクを使ってステライメージでも試してみたのが、こちら。

画像


明るさが一様でないため、単純比較はできませんが、フォトショップの練習は、不慣れなこともあり控え目な結果であったような気がしています。

撮影日:平成20年11月23日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-20℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:L10分×8, RGB5分×各3(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
CS3の勉強を始めましたね!
先ず印象から・・・
CS3の方は、微恒星がうるさくなった感じ。一方SI6は、微恒星がうまく抑えられている・・・shoさんの好みなら後者ですね。
ただ、SI6の方は、輝星が飽和しているのですが、CS3の方が輝星表現は、良いように思います。
もう一つ。
背景カラーが、ニュートラルグレーになっていませんね〜。
赤が強いように思います。背景から赤を抑えれば、もっと自然な感じになるのではないでしょうか。
それと輝度部の彩度強調で、全体に黄色の星になってしまってます。この辺りも、修正の余地があると思います。
ベランダGPD
2008/12/29 01:43
ベランダGPDさん、こんばんは。ありがとうございます。
はい、少しずつの手探りですが、CS3の勉強をはじめております。
微恒星、あれっ、CS3でも抑えたつもりですが、SI6の方が確かに締まった感じがしますね。
ニュートラルグレー、そうなんです。じつは、これも難しいと感じているところなんです。RGBそれぞれ元画像のフラットがきまっていないこと、そのために色ムラが出ている。ヒストグラムを見ながら、右側がそろうように調整してみるのですが、なかなかうまくいきません。
星の色、黄色に見えますか、あらら(苦笑)
まだまだ、いつもの控え目な処理の癖があって、思いっきりCS3を触れません。
sho
2008/12/29 23:26
色ムラは、調整レイヤーのトーンカーブで、グラデーションマスクを使って、気になるところを少しずつ修正するしか無いですね。
また、特定色域選択で、例えば赤に寄っている部分もスポイドで選択し、許容量を調整して、レイヤーパレットの○に斜めの黒をクリックして、トーンカーブを選択すると、その色域だけが選択されたマスクが付いた調整レイヤーが現れます。これを使って微修正。
最も簡単な方法は、ある程度背景が揃ってきたら、一端画像を保存して、レイヤーの画像を統合で背景画像に統合します。
次に、イメージの色調補正の色の置き換えで、バックグラウンドをスポイドで選択し、許容量を調整しつつ彩度を-100%にすれば、背景はニュートラルグレーになりますよ!
ベランダGPD
2008/12/30 00:15
ベランダGPDさん、こんにちは。
アドバイスありがとうございます。
さっそく一つひとつ試してみております。
フォトショップには、ほんと、いろいろな機能がありますね。
こんなにも自由度が高くて強力なんだと、改めて感心しています。
解説本を見てみると、それら機能について説明はしてあるのですが、問題は、その機能をどう使うかだと思いました。こちらも改めて、ベランダGPDさんの凄さに感心しました。
sho
2008/12/30 14:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
「くらげ」でフォトショップの練習 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる