山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 天然フィルタシリーズ第2弾

<<   作成日時 : 2008/12/06 01:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

魔女に続き、天然フィルタがかかってしまった、オリオン大星雲です。

画像


魔女の横顔星雲のあと、M42オリオン大星雲も撮影してみたのですが。
魔女を撮っている時から、空はどんどん霞の加速度が増してきていました。
結果は、星が見事に滲んでしまい、ここまでくると、これが普通なのかなぁと錯覚を覚えるほどです(笑)


他段階露光、PhotoshopCS3でも処理してみたのが、これです。

画像


レベル調整、トーンカーブが同一条件ではなかったので、単純な比較はできませんし、何よりもCS3に不慣れということもあります。
ただ、画像処理をしてみた印象では、CS3の方がステライメージよりも、明らかに表現に幅があるように思いました。
※CS3での画像処理は、ベランダGPDさんの「画像処理Tips」にて勉強させていただきました。
http://homepage1.nifty.com/MC-NB/


撮影日:平成20年11月1日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-15℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:L5分, 3分, 1分, 10秒×各3, RGB5分, 30秒×各3(2×2)
画像処理:上はステライメージ6, 下はPhotoshopCS3

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
フォトショッパーの仲間入り・・・お待ちしておりました!
これで、色々話題が共有できますね〜。
早々、Tipsを活用いただき、ありがとうございました。
少しずつ、処理の引き出しを増やしてくださいね。
微力ながらアドバイスさせていただきます!
ベランダGPD
2008/12/06 17:27
ベランダGPDさん、こんばんは。
フォトショップ、私にとっては禁断の領域に入ってしまった気がしています。こちらは晴れが少ないとは言え、もし晴れれば翌日への影響も考えず撮影に没頭し、冷却CCDにしてからは、目の下に熊を飼うほど、パソコンと格闘するようになり、眠れない日が続いています。この上、表現の幅が無限にも思えるフォトショップ、いったいどうなってしまうのでしょう(笑)
師匠のお力をお借りしないと、前に進めないとような気がしています。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。
sho
2008/12/06 20:39
shoさん、こんばんは。

天然フィルタがかかっても綺麗なオリオン大星雲ですね。 トラペジウムの入った、shoさんの大星雲見たいです、楽しみに待っていますね(^_^)
けんじ
2008/12/06 22:49
けんじさん、こんばんは。
ありがとうございます。
でも、こんな駄作をアップするのは、どうかなぁといつも思っていますよ。
天然フィルタがなくても、同じって声が聞こえてきそうですが(苦笑)
天体観測や撮影スタイルは、人それぞれだと思いますが、私の場合は、晴れたら、とにかく「見る」「撮る」なんですよ(笑)
途中ブランクがあったのが、今になっては本当に惜しまれますよ。
ご期待の「トラペジウム」、私にはハードルが高いですが、けんじさんに言われたら、頑張らないと!
sho
2008/12/06 23:55
shoさん、こんばんは。

「トラペジウム」shoさんでもハードルが高いときたら、私なら更に高いハードルですね(≫_≪) でもいずれは大星雲の中に埋もれるトラペジウムを写真に表現したいです☆
 そうそう、教えてほしい事があるのですが、EM-200とステラナビゲータ8で自動導入をやり始めたのですが、一つ目は、EM-200って赤道儀の初めの位置って天頂ですよね、マニュアルにはだいたい天頂を向いていればよいと記載してありますが、何故だいたいで良いのですかね?導入精度は大丈夫でしょうか? 二つ目ですが、極軸もステラナビゲータが設定してくれると書いてあるのですが、一連の工程の中で設定してくれる工程がないのですが、どの辺りで極軸設定してるんですか?
 まだ自宅で二回しかチャレンジしてないので分からないことだらけですわ...(≫_≪)
 宜しくお願いします。
けんじ
2008/12/07 21:26
けんじさん、こんばんは。
私の分かる範囲で回答しますね。
まず、だいたい天頂でよいかについては、「そうです」
私のいつもの手順は、
1.だいたい天頂に向けて、赤道儀ON
2.ステナビの「望遠鏡接続」→「西か東かを選び、天頂ボタンを押す」
3.ステナビから、アライメントのための星を導入。
4.この時、だいたい天頂だったので、当然に星は導入されておらず、クランプをゆるめ、ファイダで視野に入れる。クランプを締める。(もちろん、望遠鏡のコントロールボタンで導入してもよい。)
5.試写を繰り返して、中心に星が来たら、ステナビの同期ボタンを押す。これで、アライメント完了。SXWでは、最低2つの星で合わせる必要があったと思いますが、EMでは1つだけです。
※なお、私の場合は、この星を利用してピント出しも合わせ行う。
これで後は、撮影天体をステナビから導入して撮影です。
sho
2008/12/07 22:00
けんじさん(続きです)

次に極軸もステナビが設定してくれるか・・・「分かりません」
赤道儀の極軸合わせという意味であれば、ステナビとは関係なく、極軸望遠鏡で合わせます。もしかしたら、上記2の「東西」を選ぶ意味?それとも、望遠鏡コントロールの「日時・場所送信」?それとも、「ツール」→「北極星の位置」?分かりませんが、私は極軸合わせにステナビは使ってません。
極軸合わせは、オートガイドであるとはいえ、なるべく正確に合わせた方が良いです。そういう私も正確でないのですが。
sho
2008/12/07 22:00
shoさん、こんばんは。

EM-200の件、ありがとうございます。
やはり極軸合わせは自分で行わないといけないですね。
それにしても、ステナビは使いやすくて精度もよいソフトですね。また、EM-200のコントロールBOKの使いやすさも素晴らしいと思いました。駆動モーターの精密さには次元の違いを感じましたよ。
けんじ
2008/12/11 17:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
天然フィルタシリーズ第2弾 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる