山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS ぼろぼろのばら星雲

<<   作成日時 : 2009/01/05 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨年12月はじめに撮影したばら星雲、雲にやられたのを何とか処理してみたのですが・・・

画像


L画像6枚、RGB画像各2枚ずつ撮影し、総露出時間は1時間半だったのですが、ほとんどが雲にやられており、結局LRGB各1枚(総露出25分)のみで合成してみたのですが。
採用した画像も、ぼろぼろでしたので、CS3の勉強だと割り切って処理してみたのがこの写真です。
ネット用に縮小しているので、何とか見れますが、ほんとぼろぼろな結果となりました。


CS3に持ち込む前の、ステライメージでLRGB合成した元画像はこちら。

画像


色彩乏しく、眠たい空です。ばらも、どこにあるのかって感じです。


撮影日:平成20年12月3日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-20℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:L10分×1, RGB5分×各1(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
LRGB各1枚だと、辛いですよね〜。
CS3も徐々に使いこなしている感じがします。
一度、思いっきり強調する処理を行ってみると、どのツール・マスクがどのように効果がでるのか、よく分かりますよ!
ベランダGPD
2009/01/06 13:28
ベランダGPDさん、こんばんは。
はい、LRGBが1枚ずつ、中でもL画像が1枚というのは、やっぱり厳しいですね。−20度に冷やしてるとは言え、ノイズがすごいです。
CS3は奥が深いですね。機能が豊富ですし、その影響度合いも幅がありますし。思いっきり強調すること、いろいろと試してみます。ありがとうございます。
sho
2009/01/06 23:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぼろぼろのばら星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる