山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS トリオ銀河

<<   作成日時 : 2009/02/12 01:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

冬の散光星雲は、そろそろ西空に傾いてきて、春の銀河の季節になってきました。
しし座のトリオ銀河を撮影してみました。中央部のトリミング画像です。

画像


まだ、カメラはイプシロンにつけたままでしたので、小さめになっています。
今回は、背景を滑らかにするため、ライトフレームをコピーした画像をぼかし背景画像とし、その背景画像とライト画像との比較明合成をしてみました。
ちょっと、インチキな処理なのかもしれません(苦笑)


全体は、こちら。
小さい銀河が、たくさん写っています。

画像


撮影日:平成21年1月27日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-25℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:L10分×12, RGB5分×各3(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ノイズを消すには、ぼかしですね。
しかし、注意しないといけないのは、ぼかした画像では、恒星もぼけています。
これを比較明合成すると、恒星の周りにハロが付いたような画像になりますので、単純にぼかすだけでは、ダメですね。
ぼかす画像に星選択マスクで恒星をマスクしておき、背景だけぼかすようにして、比較明合成すると、恒星のニジミは出てきません。
星選択マスクで若干恒星より大きくマスクする・・・これ!良いですよ!
ベランダGPD
2009/02/12 19:58
ベランダGPDさん、こんばんは。
さすがは師匠、何でもお見通しですね。
単純に比較明合成だと、恒星がボケてしまいます。
コメントいただいた方法は思いつきませんでした。今度試してみますね。
実は今回は、ハロがついたようにならないように、ぼかした背景画像の明度をあげたため、淡い部分が犠牲になっております。
sho
2009/02/12 23:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
トリオ銀河 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる