山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS Hαの限界

<<   作成日時 : 2009/04/25 15:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今月は、満月期は良い天気が続いていました。
お月さまを観望すればよいのに、懲りずにHαフィルタにて銀河を狙ってみたのですが・・・
4日分をいっきにアップします。まずは、M63ひまわり銀河です。

画像


続いて、M101回転花火銀河です。

画像


3つ目は、M51子持ち銀河です。

画像


そして最後は、NGC2903です。

画像


この他、M81とM82も撮影しましたが、画像処理できないほどボロボロでした。
この週は、ほんとに撮影に頑張ったと思います。
でも、分かったことは、Hαフィルタであっても、お月さまには勝てないということです。今更ですが。
今回は、かなりレベルを切り詰めたので、いつもはごまかしているアルテミスCCDの横線ノイズが目だっています。
同時に、ML8300でも撮影していたので、それらも画像処理に向ってみたいと思いますが、今日はずっとパソコンをしているので、もう肩がこってしまいました(苦笑)


撮影日:平成21年4月6日(M63), 4月8日(M101), 4月9日(M51), 4月10日(NGC2903)
望遠鏡:VC200L(レデューサ)
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-20℃, NGC2903は-15℃)
フィルタ:astronomik Hα, LPS-P2
露出:[M63]15分×6, [M101]15分×12, [M51]15分×12, [NGC2903]15分×15

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Hαフィルターだと、HU領域が抽出されますので、銀河に点在する状況が分かりますね〜。
ただ、銀河は以前も書きましたが、連続光で光っていますので、Hαフィルターだと全体は写りません。
月の影響よりも、フィルターの特性上、このような画像になるのは仕方ないですよね。
余り強調しないこの画像とR画像やL画像をうまくブレンドして、カラー画像を作成すると、銀河の腕に点在するHU領域が強調されて、とても面白い画像になりそうですね!
ベランダGPD
2009/04/25 22:20
ベランダGPDさん、こんばんは。
はい、銀河は連続光なのでHαでも写らないこと、以前から教えていただいておりました。月夜に銀河を狙おうとすること、こうなるのは当たり前ですね。柔軟性がないと申しましょうか、月夜には月・惑星を楽しめば良いのでしょうが(苦笑)
それに、このブログは観測記録として始めたので、画像処理が不能なほどのボロボロ写真以外は、全て載せております、すみません。
でも、言われるように、これらも他の画像とブレンドして、Hαを活かせるようにすれば良いですね、ありがとうございます。
sho
2009/04/26 19:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
Hαの限界 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる