山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS M78星雲

<<   作成日時 : 2009/04/12 01:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

VC200Lで撮影したM78星雲、ウルトラの星です。

画像


比較的小さい、ウルトラの星、VCで拡大撮影してみました。
VCはレデューサを付けても、F6.4の明るさ(実効F値はもっと暗い)のため、Art11002ではそれなりの露出時間が必要になります。今回は、L画像2時間としましたが、まだまだのようです。
写真右側が、星がゆがんでしましました。ドローチューブの繰り出し量を減らす工夫をしてみたのですが・・・。


撮影日:平成21年3月1日
望遠鏡:VC200L(レデューサ)
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-20℃)
フィルタ:IDAS Type4, LPS-P2
露出:L10分×12, RGB5分×各3(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、ちょうどいい大きさに写っていますね。
私もバイザックを引っ張り出してきて、系外だけではもったいなく思い、冬を惜しんでM78にも鏡筒を向けました。
結構写ったのですが、イプの感覚に慣れていると暗いですね。20分5枚を撮ったのですが、思うように処理をすることができず、フォルダに眠っています。

10分10枚と20分5枚と沿う総露出時間は同じですが、冷却でノイズが少ないとしたら、20分5枚のほうが淡い光を確実に表現できるように思うのですが・・・。
未だに適正露出時間に悩んでいます。
syoshi-
2009/04/12 08:34
syoshi-さん、こんにちは。
M78星雲、撮影されているのですね、ぜひ、画像処理をして、アップしてください。
確かに、イプに比べると、バイザックは相当に暗くて、写り具合が全然違いますね。拡大するためには、やはりもっと大口径がいるのでしょうか。

露出時間の件、言われるとおりだと思います。昨年は、バイザックでは、1枚を15分を標準にしておりましたが、今回は10分としました。と言いますのは、ガイド精度が完璧でなく、1枚の露出時間が長くなればなるほど、星が棒状に伸びてしまうからです。ガイド精度が上がれば、1枚20分とかそれ以上の方が良い結果が得られるのではと思います。今後の課題の一つです。
sho
2009/04/12 17:13
難しい対象ですよね〜。
VCってドロチューブのたわみがそんなに気になりますか?
私は、MLを付けていても気になりませんでした。
ドロチューブ固定用のネジに少しだけテンションをかけていたからかもしれません。
それよりも、ジャスピンでおむすび型になる星像には、悩まされます。
9μのチップなら目立たないのですけど。
ベランダGPD
2009/04/13 11:02
ベランダGPDさん、こんばんは。
ドローチューブのたわみ、けっこう気になっています。
固定ネジを締めると、目で見ても分かるくらい、カメラが動くからです。
ピント位置も大きくずれるので、Fが暗い割りに、ピントあわせに苦労しています。ただ、繰り出し量が減ると、その影響が少ないように思っております。
MLの重さでも、気にならないということは、私がネジを締めすぎなのかもしれません。
おむすび型、確かにそんな気がしますね。なぜでしょうか。
sho
2009/04/13 20:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
M78星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる