山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS トリオ銀河(FLI)

<<   作成日時 : 2009/05/01 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

しし座のトリオ銀河、同じ日にML8300でも撮影してみました。

画像


さすがは、イプシロンとML8300の組み合わせです。
バイザックとArt11002の組み合わせより、シャープかつ色濃く写すことができました。
これらの組み合わせ、画角はバイザックの方が若干せまく(拡大率が大きく)なりますが、ほぼ同じような大きさとなります。
星像を見ても、銀河の内部構造を見ても、イプシロンとML8300の方が、数段も鮮明に写せるようです。
ただ、ML8300の方は背景のムラが多いような感じがしており、改善方法を模索してみる必要があるようです。
カメラの性能の問題ではなく、画像処理に問題があるのかもしれません。


撮影日:平成21年4月11日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:FLILRGB, LPS-P2
露出:ML L10分×8, RGB5分×各3(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ε+ML8300は、VC+アルテミスに負けていませんね!
チップサイズとεの組み合わせなら、撮影もお手軽?なように思います。

前回のトリオもそうですが、色彩がもう少しあってもいいかな〜。
派手好みなもので・・・ナチュラル派のshoさんらしい画像です。
ベランダGPD
2009/05/01 22:44
ベランダGPDさん、こんばんは。
はい、イプとML8300の組み合わせは、ある意味お手軽ですね。
CCDサイズも大きくないので、フラット補正も難しくありませんし。
ただ、ピントあわせは、Art11002の時より難しく感じております。

色彩、そうなんです。もっと色彩をあげた方が良いと思うのですが、ノイズもあわせて浮き出てきて、困ったものです。背景を滑らかにできると良いのですが・・・。
sho
2009/05/02 23:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
トリオ銀河(FLI) 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる