山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS おとめ座銀河団

<<   作成日時 : 2009/05/23 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

おとめ座のM84、M86付近です。

画像


おとめ座には、たくさんの銀河が点在しています。
このM84、M86付近は、マルカリアンの銀河鎖と言われる、鎖のようにつながった銀河の一部です。
楕円銀河のM84、M86のまわりに、様々な形の銀河が連なっていて、とても見応えのある領域です。
今回は、シャープ処理をしてみましたが、星の芯がくっきりし過ぎた感があります。
星を小さくする処理をしようか迷いましたが、そのままとしました。


撮影日:平成21年4月27日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:FLI LRGB, IDAS LPS-P2
露出:L10分×13, RGB5分×各4(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
シャープ化処理は、悩みますね〜。しきい値でレベルの低い部分を範囲から外す方法もあると思います。
SI6のマルチバンドシャープは、なかなか良いフィルターです。
この領域にある数多くの系外星雲ですが、それぞれ個性のある色をしているようです。その辺りを表現できると良いですよね〜。
ベランダGPD
2009/05/24 22:01
ベランダGPDさん、こんばんは。
シャープ化処理も奥が深いですね。
いつもは、背景のムラを消すため、ぼかし処理を施しますが、その際に、星マスクを使っても、微光星がぼやけてしまうため、今回は、シャープ化をして芯を出すようにしてみました。
マルチバンドシャープは、まだ使ったことがありません。また、試してみたいと思います。
銀河固有の色、出してみたいです。いくらかは彩度アップもしていますが、まだまだ控え目なようです。
sho
2009/05/25 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
おとめ座銀河団 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる