山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 北天一の球状星団

<<   作成日時 : 2009/05/15 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

ヘルクレス座の球状星団M13です。北天で最大の球状星団です。

画像


以前、球状星団を撮影した際に、星団中心部が露出オーバーになってしまったことがあり、今回は2分露光としました。結果的には、露出不足となり、まわりに広がる微光星が写しきれませんでした。

先日、TSA102とミューロン210で、このM13を見比べる機会があったのですが、ミューロンの素晴らしい性能にはびっくりしました。星の粒々が、キラキラと輝く様子には感動しました。口径の違い以上に、眼視性能が特に優れているのだろうと思いました。

今回の写真、露出不足を補うため、レベルをかなり切り詰めた上に、エッジ強調をしましたからなのか、明るい星のまわりが、いつも以上にぼやけてしまいました。


撮影日:平成21年4月23日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:FLILRGB, LPS-P2
露出:ML RGB2分×各3, RGB1分×各3(全てビニングなし)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
さすがに明るい光学系ですね。数分で中心部が飽和するとは、驚きです。それを利用してRGBの露光時間を延ばしRGB合成にしたらどうでしょう。色の乗りも良くなると思います。対象により撮影方法と画像処理方法を変化させてもいいと思います。球状星団ならSIのデジタル現像やスターエンハンスを活用するとかすると粒状感が出て良いですよ。
エムティ
2009/05/16 09:05
shoさん、こんばんは。
M13はとても綺麗ですよね。眼視で見てももそうですが、写真で撮ると青や黄色の星が散らばった状態。それに綺麗な集まり具合、どの点をとっても北天1番ですね。

今年は撮影をしていませんが、バイザックのレデューサなしで撮影をしたいと、思っています。シーイングがよくなってきた今の時期がチャンスかもしれませんね。
syoshi-
2009/05/16 22:47
球状星団には、多段階露光!
エムティさんの仰るとおり、LRGB合成よりもRGB合成の方が、色のりも良くなりますね。
デジタル現像時に、適度にエッジを効かすのも、ツブツブ感を出せると思います。適度ですよ〜(笑)
ベランダGPD
2009/05/17 18:00
エムティさん、こんばんは。
すみません、記事の情報表現が不十分だったのかもしれません。
以前に、中心部が飽和したことがあるのは、M15です。このM13では、その時の経験から、露出時間を少なめにしてみたという訳です。結果は、明るい光学系とはいえ、露出不足だったようです。
はい、RGB合成ですね。以前にも教えてもらったことがありましたね。
スターエンハンス、マニュアル本で見たことがありますが、そう言えば、一度も使ったことがありませんでした。今度試してみます、ありがとうございます。
sho
2009/05/17 22:53
syoshi-さん、こんばんは。
はい、M13は北天一だと、私も思います。特に写真写りが良いと思います。
眼視の場合は、10センチ位の口径だと、もう少しまばらな方が見栄えが良いと思う時もありますが。
バイザック直焦点、いいですね〜。ぜひぜひ、撮影してみてください。アップされるのを楽しみに待ってます。レデューサ付きを見させていただきましたが、超シャープですね。
sho
2009/05/17 23:01
ベランダGPDさん、こんばんは。
はい、RGB合成ですよね。
他段階露光、中央部を飛ばさずに、周辺部の微光星まで表現するためにですよね。
デジタル現像の際のエッジ、適度というのが、判断に迷っているんですよ、最近・・・。
以前は、通常0.6程度としていたのですが、画像の状況や対象によっては、それ以上でも不自然にならないこともありますし、エッジを使わない方が良い場合もあるようです。
さすが、何でもお見通しですね〜(笑)
sho
2009/05/17 23:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
北天一の球状星団 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる