山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 懲りずにIC4603

<<   作成日時 : 2009/06/06 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

懲りずにIC4603を撮影してみたのですが・・・

画像


見事に撃沈しました(苦笑)
自宅庭先からでは、やはり無謀な挑戦だったのでしょうか。
もちろん、自分の撮影、画像処理技術の未熟さによるところも大きな要因だと思います。
ほぼ同じ領域を撮影され、天ガに入選されたよっちゃんさんの作品を、今日見ましたが、その美しさには、ただただ圧倒され、感動しました。同じ鏡筒、カメラ、フィルタまで同じなのに、出来た写真はまるで別物です。
よっちゃんさんの作品から、とても元気をもらった気がしています。これからも、頑張ろうという気持ちがわいてきました。
気分は盛り上がってきたのに、空の方は・・・ぜんぜん晴れてくれません。あらら(笑)

撮影日:平成21年5月1日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:FLILRGB, IDAS LPS-P2
露出:L10分×9, RGB5分×各4(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、記事中に僕の名前をお引き立て下さってありがとうございます!

読んでいてこちらこそ、やる気を頂きました!

このカメラと望遠鏡のコンビは、ネット上では僕ら二人ぐらいだと思うのですが、まだまだ隠された改善(ゴーストや星像等)があるみたいですね。
こういう発見があるたびに、とっても嬉しくなりますよ。

shoさんのご自宅は、光害地なんですか?
お住まいを考えると、かなりイケる夜空だと思っていたのですがどうでしょうか。
あと撮影データを見て思ったのですが、LPS−P2なら、L20分もRGB(2*2)も1コマ20分にするかな〜と感覚的に思いました。(P2は露出倍数が2倍でしたよね?)けど、カウント値が飽和レベルになってしまったら意味ないですもんね。

<続く>
よっちゃん
2009/06/07 05:26
<続き>

とは言っても、僕も露出については色々探っている最中なんです。
Lはカウントが10000以上出来れば20000程度あれば、8枚コンポでかなり滑らかな描出が出来そうな気がしています。

本当はスカイプなどで、Fitsデータ等の送受信でファイルの交換などで検証し合いたいのですが、機会があれば検討下さいね!
良い情報交換をして、お互いこれからの星雲の季節でさらに進歩したいですよね〜。
よっちゃん
2009/06/07 05:27
よっちゃんさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
あれれ、5時過ぎの書き込み、早起き(笑)ですね〜。

プロのグログは、毎日拝見しては、読み返しております。
ゴースト、メタルバック、鏡筒バンドなど、すごく参考になる記事、そして面白い内容、いつも楽しみにしています。

私の自宅は、田舎地ではありますが、やはり光害があって、真っ黒な空にはなりません。ただ、稼働率命ですので、自宅前での撮影が主になっています。
露出時間の件、仰せのとおりで、20分でも良いのかもしれません。P2は、露出倍数が2倍だと思います。Lの元画像を調べてみましたら、このIC4603の場合、最小値が8180、平均が12311となっていました。最小の値が高いのが気になるところです。
Fitsデータの交換、今の私には恐れ多いです(苦笑)もう少し修行をしましたら、よろしくお願いします。
sho
2009/06/07 20:49
やはり難しい領域ですよね〜。
少しカラーバランスもずれている感じがします。
淡い対象は、何処までが本当の宇宙で、何処までが光害の影響なのか・・・判別が難しいです。
こう言うときに、他の方の作品を参考にすると、色々助かりますね!特に、プロフェッショナルな方の作品は!
私が、この北のミッキーさん辺りを撮影した時のL画像は、LPS-P2を使って、10分露出で最小2354、平均18179でしたね。
ベランダGPD
2009/06/07 22:13
shoさん、こんばんは。
写りはそんなに差はありませんが、露出不足は感じます。10分X9=90分とは成りません、それは十分な露出の有る画像での話です。LPS−P2を使用している私も15分露光以上を基準にしています(光害地では20分は飽和する恐れが有り透明度の高い時だけです、遠征地では思い切って長くします)。又、散光星雲はビニングせずにRGBを撮影した方が微光星にも良いと思います。トップを走っている人の撮影データや画像処理を参考にされると良いですよ。私も初心者として必死に追っかけています。
エムティ
2009/06/07 22:28

こんばんは!僕のも見てみました。

ミッキーマウス星雲ですが、
Lの1枚目なんですが、最小9922、最大15757、平均11502
でした。

露出は10分ですね、このときの星像は本当に酷くて酷くて、ちょっと公開出来ないぐらいです。けど、カウント値は正直なんでしょうね。
65000階調あって、3000とか4000どまりだと、何かもったいないというか性能を活かしきれてないような気がするんですが、オーストラリアとかの空ですと、カウント自体が上がらないみたいですね。
(星雲情報のみってことなんでしょうね。)

日本だと、やっぱりこの辺りに落ち着くのでしょうか。
僕もエムティさんのご意見に賛成で、やっぱり最低限のたっぷり露出は大事だと思います!
よっちゃん
2009/06/07 22:57
ベランダGPDさん、こんばんは。
はい、カラーバランス難しいと思います。
左下側の星雲は、もっと黄色でしょうし、ミッキーマウスも緑が強くなってしまいました。
プロフェッショナルな方の作品は、良いお手本になります。目標が高ければ高いほど、努力への意欲がわいてきますし。
最小レベルについては、アルテミスよりMLの方が、かなり高めになる傾向があるようです。技術的なことは分かりませんが、なぜなんでしょうね。
sho
2009/06/08 20:57
エムティさん、こんばんは。
やはり露出不足なんですね。自分でも、そのことは感じていて、この後に画像処理を控えているM51では、10分露出と15分露出を試しております。
そうですよね、トップの方々の作品や撮影・画像処理方法など、とても参考になります。
エムティさん、初心者だなんて・・・冗談はなしですよ(笑)
エムティさんからいただくアドバイス、いつも感謝しております。
sho
2009/06/08 21:01
よっちゃんさん、こんばんは。
なるほど、よっちゃんさんの方も最小値は、高めなんですね。
65000階調のうち、最小値でも食われてしまうのは、もったいないですよね。
露出不足の件、ありがとうございます。
今後は、いろいろ試しながら、ここら辺りでの理想的な露出時間を模索してみますね。
オーストラリア、良い響きです。いつかは、カウントがあがらないほどの空の下で星を眺めてみたいものです。
sho
2009/06/08 21:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
懲りずにIC4603 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる