山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS あれい状星雲

<<   作成日時 : 2009/06/14 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

こぎつね座のM27「あれい状星雲」も、月夜のなか、ナローバンド撮影してみました。
まず、SAO合成カラーの写真です。

画像


通常のカラー写真に慣れているので、何とも不思議な色合いです。
月齢13でも、ここまで写ればけっこう楽しめます。
ただ、星の色が黄色に偏っており、不自然な感じがします。星の色が自然だと、なお良いのですが。


次に、AOO合成カラーの写真です。

画像


こちらの星雲は、よく見る色になりました。
赤い部分も、普通のRGBより、鮮やかに写し出されています。
ただ、星の色が、真っ赤なものがあったりと、やはり不自然な部分もあります。

月夜であっても、惑星状星雲であれば、何とか楽しめることが分かりました。
散光星雲だと、どうなるのか、機会があれば(天気しだい)、挑戦してみたいと思います。

撮影日:平成21年5月8日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:astronomik Hα, OV, SU, IDAS LPS-P2
露出:Hα, OV, SU 5分×各4

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
AOO合成は、星雲に対しての発色は問題ないと思います。
恒星は、連続光で光っていますので、どうしても偏った発色になりますよね〜。
回避するために、AOO画像をステラでLRGB合成してみてください。
AOO画像を開いておいて、LRGB合成時に、AOO画像をLとRGBに指定します。
これで、ぼかし量を少し多め(1〜3ぐらいの範囲の中で)してみると、恒星の色が落ち着きます。
ベランダGPD
2009/06/15 10:23
ベランダGPDさん、こんばんは。
そうなんです、星の色が極端な黄色だったり赤だったりと、不自然なんです。
同じ画像から、LRGB合成ですか。思いもよりませんでした。
今度試してみますね、ありがとうございます。
sho
2009/06/15 23:54
shoさん、こんばんは。
フィルターワークは、奥深くて興味が尽きませんね。
shoさんカラーによる作品、楽しみにしてます。
しゅうちゃん
2009/06/16 22:47
しゅうちゃんさん、こんばんは。
はい、ナローフィルタは、楽しいですよ。
上手に使いこなすことが出来れば、面白い写真ができそうです。
あとは、晴れてくれるだけです。これが一番の難物だったりして(苦笑)
sho
2009/06/17 21:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
あれい状星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる