山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 干潟星雲、三裂星雲もリベンジ

<<   作成日時 : 2009/07/06 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

リベンジものが続きます。今度は、M8「干潟星雲」とM20「三裂星雲」です。

画像


前回は、L4枚、RGB各1枚ほどしか撮影できませんでした。
今度は、枚数を増やすことができました。
しかし、今回はピントが少し甘かったようです。
さらに、スケアリング不良と思われる、星のゆがみも気になります。
それらのため、強めの画像処理では、星がどんどん肥大化してしまい、結局これくらいに落ち着いてしまいました。
いつになったら、満足いく写真が撮れるのか・・・。

失敗画像で、お恥ずかしいですが、エムティさんからのご依頼ですので、ピクセル等倍画像を追加します。(H21.7.7追加)
まず、中心部です。

画像


つぎに、問題の最周辺部です。星が流れたようになっています。周辺部でピントを合わせると、星が正円になるのですが、中心部はピンボケになってしまいます。先日、ホイルやカメラなど回転させたりいろいろ試してみると、かなり軽減されたような気がしていますが、さて?

画像


撮影日:平成21年5月19日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:FLILRGB, LPS-P2
露出:L10分×7, RG5分×各3, B5分×4(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね。
ピント、スケアリング・・・調整が大変だと思います。
εとML8300の組み合わせは最強だと思うのですが、その分扱いがシビアですよね〜
私には、絶対使いこなせない機材です。頑張ってください!
ベランダGPD
2009/07/07 16:52
良い感じです。この縮尺では星像がよく判りませんが星にもう少し色が有ってもいいと思います。ぜひ等倍画像も見せてください。夏の散光星雲はεの独壇場ですね。早く梅雨が明けてほしいです。折角フィルターを変えたのにテストもお預けのままです。
エムティ
2009/07/07 17:51
M8のガスの動きの表現が素晴らしいと思います。 shoさんの今年は去年よりも写真の色合いが強くなってきて更に処理技術が上がってきましたね(^^v
けんじ
2009/07/07 18:39
ベランダGPDさん、こんばんは。
はい、ピントあわせには、苦労をしております。
FWHMの値の最小値にすると、スパイダーの回折光が二重になってしまいます。また、中心部の星で合わせた後、周辺部の星で再確認してみると、ピンボケになっております。これは、スケアリング不良の影響なのかなと。
いえいえ、ベランダGPDさんなら、解決策をすぐに見出して、使いこなされると思いますよ。私なりに頑張ってみますので。ありがとうございます。
sho
2009/07/07 23:32
エムティさん、こんばんは。
星の色ですね。そこが私の課題の一つでもあります。
等倍画像ですか、エムティさんに言われれば、もちろん、仰せのとおりにいたします。中心部とスケアリング不良の最周辺部の2つを後ほど、追加します。
そうですね、早く梅雨明けして欲しいですね。
sho
2009/07/07 23:34
けんじさん、こんばんは。
ありがとうございます。対象が比較的明るいので、それなりに写ったのだろうと思います。でも、全然不満なんですよ。
画像処理については、いろいろと勉強しております。最近は、フォトショップなしでは、処理できなくなってきました(笑)
sho
2009/07/07 23:36
早速のアップありがとうございます。私なりの検討結果ですが、中間輝度以上の星ですが星の中心が飽和して平坦で周辺が黒く落ち込んでいるようです。マスク処理のせいでしょうか。明るい星は目立ちますので違和感があります。LRGB処理の基本はL画像と思いますのでデジタル現像時、輝星を飽和させないよう十分注意されたほうがいいと思います。星像の件ですが四隅とも同じ状況ならスケアリングではなくて補正レンズとCCDの適正距離の問題では。画像処理初心者の言うことですから軽く聞き流してください。自分の事を棚に置いて偉そうにと言われそう(笑)。
エムティ
2009/07/08 12:01
エムティさん、こんばんは。
星の周辺が黒く落ち込んでいるのは、たぶん、デジタル現像の際のエッジ強調がきつ過ぎたのかもしれません。今回は、これくらいの写りだったので、画像処理もあまり時間をかけず、星マスクなどはしませんでした。また、明るい星は、仰せのとおり飽和しております。飽和させると色も落ちてきますよね。分かってはいるのですが・・・。
四隅ともこうではなく、片側だけ星の形がおかしいようです。補正レンズとの距離は、T社の公証値に合うようアダプタを製作してもらいました。ただ、その公証値が不確かとの噂もあるようですね。
ピンボケはもっと慎重に、スケアリング不良は接続方法などもう少し試してみて、画像処理については、勉強を重ねるつもりです。少しでもレベルアップするためには、まだまだ修行が必要ですね。
いえいえ、初心者だなんて、いつも的確なアドバイス感謝しております。ありがとうございます。
sho
2009/07/08 23:37
shoさん、こんにちは。
デジタル現像時のエッジ強調は使用したことが有りませんがこんな状態になるのですね。私はSI6のマルチバンドシャープでシャープにしてマトリクス色彩補正で色を微調整します。自己流ですが、手軽で重宝します。最近は色域選択マスクとかのマスク関係は最終段階でしか使用しません。
スケアリング悩ましいですね、カメラまですべてネジ込みならドローチューブがカメラの重量に負けるのでしょうか。梅雨の間に検討する良い機会ですね。
エムティ
2009/07/09 10:41
エムティさん、こんばんは。
マルチバンドシャープですか、私は使ったことがありません。
手軽で重宝となると、試してみないといけませんね。
スケアリングの件は、アルテミス11002では気にならなかったのに、ずっとチップサイズが小さいML8300で顕著な像の悪化が出てくるのは、正直不思議です。先日、ホイル、カメラの向きをいろいろと変えてみたら、多少軽減できたので、ドローチューブというよりは、別に原因がありそうです。
sho
2009/07/09 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
干潟星雲、三裂星雲もリベンジ 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる