山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 皆既日食

<<   作成日時 : 2009/07/26 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

前回に続き、今度は皆既日食の写真です。

画像


幸運にも日食を見ることができて良かったのですが、写真の方は露出不足のコマを量産してしまいました。
予定どおり、1/1000〜1秒までの他段階撮影をしたのですが、使いものになるのは、そのうち1/4〜1秒のみでした。薄雲が、減光フィルタになってしまったようです。
今回が、はじめての皆既日食で、十分に眼視観望もしたかったので、ブラケティング・インターバル撮影はカメラまかせにしていた結果です。途中、カメラ背面のモニターを見ると、露出不足のような気もしていたのですが、修正する余裕もありませんでした。
また、画像処理についても、いつもの星雲・星団とは勝手が違い、処理をすればするほど、写真が荒れてしまいます。案外、一発撮りの未加工の方が良かったかもしれません。


いつもの私のブログは、星の写真ばかりです。それは、観測記録の位置づけにしていることと、面白いことや参考になるようなことが書けないのも理由です。でも、今回は、観測地の様子などを掲載してみたいと思います。

まず、観測地となった天荒坪ダムです。前日の下見の際には、青空も見えていました。
画像


そして、ダムを囲む周回路です。ここに、何千人もの人が並ぶことになります。
画像


日食は、一大イベントになっており、観光客目当てのお店がならんでいました。
画像


私の持っていった機材です。左がD50と28ミリ、右がD80と300ミリです。私の機材は、まわりのみなさんに比べると、コンパクトな方でした。機材をセット中の、この時はまだ、雲が空を覆っていました。
画像


撮影日:平成21年7月22日
撮影地:中国「天荒坪(江南天池)ダム」
赤道儀:CD-1
レンズ:Nikon 300mm F4.5 (絞りF8)
カメラ:Nikon D80
露出:1/4×7, 1/2×7, 1/1×7 (ISO100) 加算合成

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、こんばんは。
皆既日食撮影成功、おめでとうございます。
薄雲の中での撮影との事ですが、見事な
黒い太陽ですね。
これだけは、現場にいなければ味わえない感動かも??。
私も2035年の日食の前に、どこかの皆既日食を見に
行きたくなりました。
しゅうちゃん
2009/07/27 00:03
お疲れ様でした。そして、成果も素晴らしい!
悪天候で軒並み主要な観測地は、撃沈だったようですが、運がいいですね!
関東も雲に邪魔され、私は見ることが出来ませんでした。
次回、北関東あたりの日食まで、長生きします(笑)
ベランダGPD
2009/07/27 13:19
shoさん、こんにちわ。
僕のブログにもコメント頂きありがとうございます。
写真に関しては「ド」の付く素人なので、撮った写真を整理しては反省と溜め息の今日この頃です(笑)
shoさんの写真を見て「同じところの日食か?!」とまた溜め息。
見事に素晴らしい写真ばかりですね。
感動を分かち合えて本当に良かったです。
ありがとうございました!
タカのサムライ
2009/07/27 20:54
こんにちは、このたびはおめでとうございました。
また、大変お疲れ様でした。
写真まで撮影されて、本当に言った甲斐がありましたね。
出来れば皆既の瞬間の感想なども聞かせて下さい。
よっちゃん
2009/07/27 21:09
しゅうちゃんさん、こんばんは。
ありがとうございます。観望も撮影もと欲張ってみましたが、写真の方はご覧のとおりの出来となってしまいました。同じツアーに参加されていた方の写真を移動中のバスの中で見せてもらいましたが、素晴らしい作品となっていました。
はい、そうです。現地で、自分の目で見ないとこの感動は分からないと思いました。星雲・星団が中心の私が、まさに新月期に太陽を撮りに行くのは、正直自分のポリシーに反しているような気がしていたのも事実です。でも、実際に自分の目で見たときの感動は、言葉に出来ません。
ぜひ、しゅうちゃんさんも皆既日食遠征にお出かけください。
sho
2009/07/27 21:33
ベランダGPDさん、こんばんは。
ありがとうございます。ほんと、運が良かったとしか言いようがありません。皆既に限らず、部分日食を見ようとされていた方々も、天気ばっかりはどうしようもないですね。
長生きですか(笑) 面白い表現ですね。でも、今にして思えば、皆既日食ハンターの方々は、比較的高齢の方が多かったような気がします。もしかして、次の皆既を待つことは、長生きの秘訣かもしれません(笑)
sho
2009/07/27 21:37
タカのサムライさん、こんばんは。
こちらも訪問いただき、ありがとうございます。
いえいえ、素人だなんて、そんなこと無いと思いますよ。日食の写真もとても綺麗に撮影されていますし、他の掲載作品も素敵だと思います。
そうですね、同じ感動を分かち合えて本当に良かったです。じつは、次回以降の皆既日食の他、今度はオーロラも見たいような気がしております。もしかしたら、北欧とかアラスカとかでお会いできるかもしれませんね(笑)
sho
2009/07/27 21:41
よっちゃんさん、こんばんは。
ありがとうございます。行った甲斐がありました。行く直前からの天気予報のため、中国の観光と料理を堪能することに専念しようかと、半分以上はあきらめ気分だったので、なおいっそう嬉しかったです。
皆既の瞬間ですか。ダイアモンドリングが出来ていく様子が、眼視でもはっきりと分かり、まわりのみなさんの叫び声やため息が辺り中にあふれていました。また、皆既中は双眼鏡で見たのですが、その美しさは言葉に出来ません。自然が作り出す完全無比の状態、例えようがないです。これはもう、自分の目で見る以外に、感じることはできないものだと思います。
ところで、よっちゃんさんのブログ、毎日拝見しておりますが、コメントせずにいてごめんなさい。同じ機材の組み合わせでありながら、よっちゃんさんの発見、創意工夫は、本当に極みですね。メタルバックの記事などは、まさに私の悩み解決の糸口でした。人が作る完全無比な状態だと思います。
sho
2009/07/27 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
皆既日食 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる