山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 日食の経過写真

<<   作成日時 : 2009/07/27 22:38   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

皆既日食関連、最後の写真は、太陽が消えていき再び現れてくる様子です。

画像


日食の始まりから終わりまで、ほぼ5分間隔で撮影してみました。「ほぼ」というところが科学的でないですが。
途中、雲で完全に太陽が隠れたりするときもあって、多少間隔が前後しています。
皆既が終わると、「あ〜終わった」(外国語なので想像ですが)と多くの人が、片付けや帰路に向かっていました。私の方は、ついつい欲が出てしまい、最後まで粘ってみました。
拡大写真も良いのですが、刻々と変わっていく太陽の様子、こちらの方が自分の中では気に入っています。
この写真、三脚とレンズ、同好会のメンバーにお借りした機材によるものです。じつは、拡大撮影用のCD-1赤道儀も他のメンバーからの借用物です。大切な機材をお貸しいただき、ありがとうございました。

撮影日:平成21年7月22日
撮影地:中国「天荒坪(江南天池)ダム」
三脚:GITZO
レンズ:Nikon 28mm F2.8 (絞りF8)
カメラ:Nikon D50

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うん。これいいわぁ。途中の雲は残念だけれどねぇ。これを大きくしたらいいんでねえの。ちょうだい。注文しようかな。全体が少し不自然なカーブをしてるのはなぜ?
entropist
2009/07/28 12:27
entropistさん、こんばんは。
はい、なかなかいい感じでしょ。途中の雲は、まあ、日食を見ることができたので、そんなに気にしておりません。
不自然なカーブになっているのは、広角レンズの歪曲収差による影響ではないかと思います。半球状の空を動く天体が直線的に写る方が、目で見た感覚からは、逆におかしいですよね。
sho
2009/07/29 00:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
日食の経過写真 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる