山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS M52とシャボン玉星雲

<<   作成日時 : 2009/10/16 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

カシオペア座の散開星団M52と散光星雲NGC7635、とても美味しい領域です。

画像


一度に散開星団と散光星雲が同時に写せるうえ、シャボン玉と言われる形が面白くて、毎年撮影したくなる領域です。短焦点鏡には、好適な対象だと思います。
もっと広角で写せば、右下の方にイカのような形をしたSh2-157が入ってきます。
カシオペアは、そのWの形が目立ちますが、そのまわりに点在している星雲・星団は、特徴的なものが多く写真撮影には、楽しめるところがたくさんあるようです。
私のカメラは、青色の感度が特に低いようで、RGと同じようにレベルを切り詰めると、いつもざらついた感じになります。そのため今回は、RG各2枚に対して、Bは4枚撮影してみました。本来はRGBそれぞれ露出時間を変えるのが、良いのかもしれません。

撮影日:平成21年9月17日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:FLILRGB, LPS-P2
露出:L15分×8, RG10分×各2, B10分×4(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
高緯度の対象が撮影できるのは羨ましい!
色の対比が綺麗すよね〜。
RGB比・・・悩ましい所です。
ベランダGPD
2009/10/17 00:02
ベランダGPDさん、こんにちは。
はい、私のところは、ほぼ四方が見渡せる環境です。ただ、南方向と東方向に特に光害があって、狙えない対象がたくさんあります。
RGB比、悩ましいです。露出時間を変えるとその分のダークを用意しないといけません。ML8300は低ノイズなので、ダークなしという選択肢もあるかもしれませんが、試してみたことはないです。最近はCS3でカラーバランスの調整をして緑っぽくならないようしています。
sho
2009/10/17 15:59
shoさんは、画像処理にMaxIMDLを使っていますか?
使っているようでしたら、かわうそさん(星居天文台)のwebサイトに、MaxIM用のプラグインソフトが提供されています。
AutoStretchというプラグインで、撮影したRGB画像をフィルターやチップ特性に応じた露出倍数で画像を調整してくれます。
これだと、RGB同一露出で問題ありません。後で、RGB毎に露出倍数を調整する感じです。これにより、カラーバランスが整う魔法のツールです。
RGB毎の露出倍数を計測するには、月(出きるだけ南中)をピンぼけで各フィルター同一露出で撮影し、撮影画像のレベルを元に算出できます。
一度行っておけば、カラーバランスに悩むことは無くなりますよ。
ベランダGPD
2009/10/17 21:16
ベランダGPDさん、こんばんは。
マキシムは残念ながら、今は画像処理に使っておりません。撮像専用ソフトになっています。
AutoStretchは、知っています。かわうそさんだから、かゆいところに手が届くとでも言いましょうか、超ストライクプラグインだと思います。勉強してみますね。師匠、いつも、ありがとうございます。
sho
2009/10/18 01:20
こんにちは。
夜空を見上げることだけがすきなのですが。
たまにのぞかせてください。
なんだか、楽しそう!
近くで見あげてはいるのですが。
七海
2009/10/18 14:30
七海さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
夜空を見上げるだけ、私も好きですよ。
天体写真はカメラ任せなので、その間はボーッと夜空を眺めています。
今夜も晴れの予報だったので、幾度となく外に出てみるのですが、次から次へと雲がやって来て、その度に家と外を行ったり来たりです(笑)
sho
2009/10/18 21:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
M52とシャボン玉星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる