山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS NGC6820

<<   作成日時 : 2009/11/01 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

こぎつね座の散光星雲、NGC6820付近を撮影してみました。

画像


中央にある赤い広がりが、NGC6820です。その中には、散開星団NGC6823が、小さいですが、存在感をかもし出しています。
天の川の中にあるので、星々の濃さや、淡く広がる星雲の様子が、とてもきれいな領域だと思います。
NGC6820の中には、NGC6823へ向って棒状に横切っている暗黒部もあるようです。


次は、1800ミリ直焦点にて、少し拡大した様子です。

画像


VC200Lの方はF9と暗めなので、写るか心配でしたが、何とか存在は分かる程度にはなって一安心しました。


追加掲載(11/2)
淡い部分がもっと出るように、強調処理をしてみました。
日頃、控え目な画像処理ばかりしていますので、荒い写真になってしまいました。まだまだ勉強が必要です(苦笑)

画像



撮影日:平成21年9月24日
望遠鏡:ε-180ED, VC200L
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃), Art 11002(-5℃)
フィルタ:FLILRGB, IDAS Type4, LPS-P2
露出:[ML] L15分×4, RGB10分×各2(2×2), [Art] L15分×4, RGB10分×各2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
良く撮れてます。これ印刷用の画像処理ですか。もしWEB用なら低輝度部詰めてもいいのでは、そしてデジタル現像で星雲部の表現階調を広げたらどうでしょう。控えめ処理がいいと言いながら逆の事を言ってますが、対象によりけりです。ここは低輝度部側に階調を割り振りたい。暗黒部を生かしたい。かってな意件ですが、元情報はあるようなのでどうでしょう。
エムティ
2009/11/01 23:20
shoさん、こんばんは。
はくちょう座の頭の近くにある星雲ですね。私も昨年、700mmで撮影をしました。露出は1枚20分かけましたが、そう明るい星雲ではありませんでした。1800mmでの写野角はちょうどいいですね。露出をかけたいところですが、これ、なかなかの難物のようです。

来週、星研に行きます。2日間よろしくお願いします。
syoshi-
2009/11/01 23:32
エムティさん、こんばんは。
印刷用というわけではありませんが、いつものように控え目な処理です。
仰せのとおりになるか分かりませんが、強調処理をした画像を掲載します。今回は、ステライメージでLRGB合成までした画像を偶然にもとっておいたので、そこからはフォトショップのみで仕上げてみました。いつもは、ブログ掲載後には、途中経過のファイルを全て削除してしまうのですが・・。
レベルを切り詰めたり、強調処理をすると、すぐに画像が荒れてしまい、難しいものですね。今の私の技量では、この程度です。今後も勉強、研鑽、そして修行を重ねたいと思っています(苦笑)
sho
2009/11/02 22:39
syoshi-さん、こんばんは。
syoshi-さんの作品、拝見しておりましたよ。美しい天の川の背景にとけ込むような星雲、素晴らしい作品ですね。撮影場所の違いもあるのかもしれませんが、撮影方法、画像処理に根本的に何か違いがあるのではと思っているしだいです。
今度の星研で、いろいろと教えてくださいね。お会いできるのを楽しみにしております。私の方こそ、どうぞ、よろしくお願いします。
sho
2009/11/02 22:44
さっそく要望に応えていただきありがとうございます。どうも縮小画像で控えめだと宇宙のダイナミックさを感じないのですみません。星研に行かれるようでうらやましいです。さらなるスキルアップして教えてください。
エムティ
2009/11/02 23:23
エムティさん、再びこんばんは。
すみません、800×600での追加掲載です。このブログでは、ファイルサイズを300キロバイトを上限としているため(自己規制ですが)、強調処理をしたら、1024×768では画像破綻するため無理でした。でもまあ、この理由がなくても、ショボイ写真ですので、悪しからず。
はい、星研は、楽しみにしておりますよ。天体写真の超々著名な方々にお会いできますので。また、星仲間どうしでの話しは、ワクワクしますよね。
sho
2009/11/02 23:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
NGC6820 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる