山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS さらに小さい 小あれい星雲

<<   作成日時 : 2009/11/29 20:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

イプシロンにて同時撮影していた「小あれい星雲」です。

画像


小あれい星雲と言わなければ、どこを撮影しているのか分からないくらい小さいです。
VC200Lはアルテミス11002との組み合わせで1800ミリ、イプシロン(500ミリ)はML8300との組み合わせで35ミリ換算では約1000ミリの焦点距離相当になります。
1000ミリといえば、通常のカメラレンズだとかなりの長望遠ですが、対象が小さな天体の場合、やはり迫力に欠けます。
月明かりの中での撮影だったためか、背景にかなり色むらがあり、背景の彩度をかなり抑えてみました。

星雲は小さくて控え目ですが、写真下の青い星、星雲の左側のオレンジの星が、何とも良いアクセントとなっており、これはこれで良い雰囲気の写真になったと思います。

撮影日:平成21年10月28日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:FLI LRGB
露出:L10分×8, RGB5分×各3(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さらに小さい 小あれい星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる