山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS さんかく座の銀河

<<   作成日時 : 2009/12/05 20:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

さんかく座のM33銀河、リベンジしてみました。

画像


11月に入ってからは、悪天候続きで、前回の撮影から約2週間ぶりとなりました。
この2週間、何を撮ろうかと考えていましたが、M33の出来があまり良くなかったので、リベンジしてみました。
ここ最近は、イプシロンの星像に不満があったため、Tさんに相談したところ、フィルタの厚みを考慮したバックフォーカスが得られるように、光路長延長アダプタを送ってもらいました。おかげさまで、以前よりも、星像が良くなったようです。
ただ、今回は、久々の撮影だったので、少々焦り過ぎて、ガイド不良か取り付けミスと思われる星のゆがみが・・・。いつものように、掲載画像は小さめなので、パッと見は、分からないかも。じっくりと見ないのが、綺麗に見えるコツってことで(笑)

撮影日:平成21年11月21日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:FLI LRGB, IDAS LPS-P2
露出:L15分×8, RGB10分×各2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、星研以来お久しぶりです。
私の方は機材をさわったり、撮影に行ったり、楽しく忙しくしています。
今、イプの光軸と格闘中です。
このM33よく出ていますね。
腕の周りの淡いガス(恒星?)まで表現できています。これなかなか出せないのです。
ただ、ここまで出すと銀河の腕が埋もれてしまいますよね。
うーん、こんなとき、腕がギンギンに出ている画像をマスクをかけて上にのせて見てはどうでしょうか?そして、不透明度で調整をして周りの淡い部分と腕の鮮明さに折り合いを付けて見てください。
syoshi-
2009/12/06 12:52
shoさん、こんばんは。
柔らかい感じの中の、微細な解像感や色調、
とてもいい雰囲気のM33です。
今年も、残り少なくなりましたね。
shoさんの今年の最高傑作は、何でしたか??
しゅうちゃん
2009/12/06 20:09
syoshi-さん、こんばんは。
星研の際は、たくさんアドバイスをいただき、ありがとうございました。
syoshi-さんのwebページ、よく拝見しておりますよ。素晴らしい作品を見せていただき、何とか近づきたいと思っております。
M33の腕、出してみたいです。きっと、何もかもお見通しなので、今回の画像処理のこと書きますと、淡い部分を出そうとしたため、背景の色ノイズやランダムノイズが目立ち、「ノイズを軽減」「ダスト&スクラッチ」を強めにかけております。マスクを使っても、銀河中央部が犠牲になってしまいました。そのため、「ハイパス」を使って、腕を多少出してみたつもりですが、この程度です。仰せのように、淡い部分の画像と腕を強調した画像と上手に重ねると良いように思います。途中経過の画像を全て削除してしまいましたが、時間をかけて、再挑戦してみますね。ありがとうございます。
sho
2009/12/06 21:10
しゅうちゃんさん、こんばんは。
柔らかい感じと言っていただき、ありがとうございます。
前のコメントにも書きましたが、柔らかくなったのは、ノイズ軽減系のフィルタを強めにかけたためなんです。ノイズが出ない程度にすると、迫力に欠けるし、難しいものですね。
今年の最高傑作ですか?はい、それは「ダイアモンドリング」です。皆既日食を見ることができたのが、今年一番、いえいえ、天文歴の中でも一番の良い思い出になりました。
しゅうちゃんさんの方は、いかがですか、最高傑作を選ぶとすれば?いずれも素晴らしい作品なので、全部なのかもしれませんね。
sho
2009/12/06 21:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
さんかく座の銀河 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる