山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬頭星雲

<<   作成日時 : 2009/12/07 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

M33銀河のあと、久しぶりの晴れだったので、馬頭星雲も撮影してみました。

画像


M33でもあった星のゆがみは、ガイドミスではなく、スケアリング不良のようでした。この馬頭星雲の写真でも、同様の星のゆがみが見られます。掲載画像が小さいので、わかりにくいですが。
その後に、フィルタホイール、アダプタ、カメラを取り付けなおしたところ、改善したようです。

肝心の馬頭星雲、まわりに広がるカラフルな星雲の様子、もっと諧調豊かに出してみたかったのですが、今回はこの程度になりました。また、かなり温度変化があったようで、ピント位置もずれているようです。

オリオンの三ツ星の一つ、アルニタクのまわりには、LPS-P2のものと思われる巨大なゴーストが発生しました。
いろいろと軽減処理をしてみましたが、完全には消せません。人工衛星の通過よりも、フィルタによるゴーストは気になってしまいます。

この馬頭星雲、機会があれば、ぜひリベンジしようと思います。

撮影日:平成21年11月21日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:FLI LRGB, IDAS LPS-P2
露出:L15分×4, RGB10分×各1(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アルニタクに苦労しますね。輝星の周りゴースト以外に薄雲の通過したような感じになっています。いつも階調豊かに美しくと思いますが難しいですね。εは星像が小さくていいですね、私など微光星が大きく星雲より星が主張しすぎて困ります。シャープさ故スケアリングやピントに苦労するのでしょうね。
エムティ
2009/12/08 20:03
エムティさん、こんばんは。
アルニタクなど輝星は、それを主題とすれば問題ないですが、近くにある星雲が主題となれば、やはり難しいものがありますね。FLIのフィルタは、ゴーストが低めらしいですが、IDASのゴーストレスフィルタには、ほど遠いようです。今回は、FLIのフィルタの影響以上に、LPS-P2による大きな(燃ゆる木に重なるほど大きい)ゴーストがあって、苦労しました。
はい、イプシロンは超シャープです。ただ、その反面、調整は超シビアです。スケアリングやピント不良は、ごまかしようがないほど、顕著に出てきて、撮影後に悲しくなることもしばしばです(涙)
sho
2009/12/09 22:19
私は今年は馬頭星雲をまだ撮影していないです(≫_≪)
年明けに仲間と遠征を予定してるので撮影にいどみたいです。
けんじ
2009/12/21 00:32
けんじさん、こんばんは。
あら、けんじさんの方は、馬頭はまだだったんですね。
年明けに、ぜひゲットしてくださいね。
sho
2009/12/21 23:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
馬頭星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる