山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔女の横顔

<<   作成日時 : 2010/01/28 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

1月17日は雲が多い日でしたが、新月近くでもあり、撮影を強行しました。
オリオン座にある「魔女の横顔」星雲です。

画像


雲の通過のため、L画像8枚のうち、何とか使えたのがわずかに3枚、RGBの方はむらが激しい画像しか得られませんでした。そして結果は、ご覧のとおり、ショボイ写りになってしまいました。
でも、1月になってからは、はじめての星見だったので、これくらいでも良かったと思います。8枚中5枚も無駄になった、もう一つの原因は、遠征用の機材の確認を同時にしていたためです。機材のセッティングをしているときに、雲が空を覆い隠しているのは分かっていたのですが、「魔女」の撮影の方はそのまま放置していたためです。
二兎を追うもの・・・で、「魔女」の撮影、遠征機材の確認とも、不十分だったと反省しております。

「魔女の横顔」の通称、どこがそう見えるのか、かなりの想像力がいるようです。
写真の方は、いつものように上を北側にしていますが、魔女を見るためには、上下逆さまの方が良いようです。
掲載写真の向きで言いますと、真ん中のオレンジ色の星の左下あたりが口で、さらに左下の星雲の飛び出したところが鼻になります。そして、人工衛星の通過線のあたりに目があります。


撮影日:平成22年1月17日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:FLI LRGB, IDAS LPS-P2
露出:L15分×3, RGB10分×各2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
魔女の横顔星雲よくでていますね。観測所でこの淡い対象が抽出できるのは羨ましい環境です。リゲルの影響も外してありいいです。雲に邪魔されカラー情報が不足したそうですが特に感じません。オリオンあたりの人口衛星の多さには閉口しますね。私はもう無理に消す気はなくなりました。系外銀河を撮影している時の通過は腹が立ちます(宇宙は広いのに長焦点の1度四方視野に入らなくても)。syoさんは小惑星が写り込んだらどうしますか、赤緑青の短い筋になり気になりますよね。
エムティ
2010/01/29 10:38
エムティさんと同じく、羨ましい環境!
この対象は、リストから削除されました。。。
45分でこれほど写るのは驚きです。
ベランダGPD
2010/01/30 00:20
エムティさん、こんばんは。
そうですね、仰せのように自宅で天体撮影ができるので、贅沢は言っていられないですよね。それでも、漆黒の空がやはり欲しくなっている自分がいます。
人工衛星の通過、特にオリオン座はその多さは気になってしまい何とか消してしまおうと、ごまかし処理をすることもあります。小惑星が写り込むこともありますね。RGBの色ズレの方は、案外きになりません。なぜなんでしょうか。
sho
2010/01/30 01:03
ベランダGPDさん、こんばんは。
コメントいただき、ありがとうございます。毎日、ベランダGPDさんの記事を拝見しておりますが、今の私にはレベルが高くてコメントできずにおり、ごめんなさい。
はい、少々の光害があっても、ここら辺りの環境は、きっと都会地の比ではないですよね。ウルトラの星「M78」とかも、望遠鏡を使えば何とか見えますし。それでも、星が降ってくるような夜空を求めてしまうんですよね(笑)今年は、星灯りで周りが照らされるくらいの場所に遠征してみたいと思っております。
sho
2010/01/30 01:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
魔女の横顔 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる