山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 火星

<<   作成日時 : 2010/03/06 20:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

火星を撮影してみました。

画像


明るい1等星がたくさん輝いているこの季節であっても、ひと際目立つ赤い星です。
今季は、小接近前の年らしく、視直径が小さめなのですが、明るく大きな惑星に違いないので、十分に楽しめます。
今回は、ホワイティドブ25を出して、まずは眼視観望しました。外は強風のため、ときおり鏡筒が大きく揺さぶられました。大気も不安定で、なかなか模様が見えませんでしたが、一瞬大気が安定するときがあって、緑の模様も見えました。緑模様よりも、白い極の方がよく見える印象でした。


撮影日:平成22年1月24日
望遠鏡:ホワイティドブ25
赤道儀:EQ6PRO
カメラ:DFK21AU04.AS

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
緑色の模様も見えているじゃあないですか。見ますねぇ。眼視でもこんな感じが見えたのならホント素敵。惑星もいい、いい。特に初心者の観望なら惑星、これが出発点ですかな。ISWCでもそんなのいかがでしょう?それにしても天候はどうしようもないデスねぇ。観望のチャンスが、今シーズンも極めて少ない・・・。
entropist
2010/03/07 08:43
shoさん、こんばんは。
先週の日曜日、地元の星空観望会でした。 Vixenの口径115の屈折望遠鏡で400倍で観望してもらいましたよ。 バッチリ極冠もみられましたよ。
 はやく天体撮影に行きたいですがなかなか都合と天候がマッチせず行けずじまいになっています。。
けんじ
2010/03/07 19:06
entropistさん、こんばんは。
緑色の模様、こうして写真にすると分かりますが、眼視はけっこう厳しいものがありました。写真の方は、何百枚も撮った中から程度の良いものを合成しているので、これくらいの見え方なんです。惑星は、確かに初心者かもしれませんね。entropistさんが、最初に見られた星は何でしたか?私は、月だったと思います。
sho
2010/03/07 21:24
けんじさん、こんばんは。
星空観望会、楽しそうですね。400倍ですか、かなりの高倍率ですね。大口径の屈折望遠鏡の安定した像であれば、きっとよく見えたんでしょうね。
撮影は、これからの天気に期待しましょう。きっと晴れてくれますよ。そう信じたいです(笑)
sho
2010/03/07 21:26
shoさん、お久しぶりです。
極冠や表面の模様も鮮明で、綺麗な火星像ですね。
無理に強調してなくて、とても自然な感じです。
私もそろそろ、惑星撮影でもしようかなと思ってますが、
こちら東北地方は、あまりにも気流の悪い日が多すぎて
困りものです。
(ほとんど晴れ間も無い状態です。。。)
しゅうちゃん
2010/03/07 21:34
しゅうちゃんさん、こんばんは。
お久しぶりです、お元気でしょうか。
そうですね、私の写真は、いつものように控え目な画像処理です。
そちら方面も、天候には恵まれていないようですね。今年は、いったいどうしてしまったんでしょう。
晴れの夜が、ほんと欲しいです。機材もですが、私もまいっています(涙)
sho
2010/03/07 23:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
火星 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる