山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬頭星雲 モノクロとカラー

<<   作成日時 : 2010/03/08 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

晴れない夜は、パソコンと、にらめっこしています。

画像


VC200L直焦点での、馬頭星雲です。この前掲載のイプシロンと同時撮影していたのですが、L画像1枚、R画像1枚しか撮影できなかったので、モノクロ写真となりました。


でも、もしかしたらと思い、以前撮影したカラー写真と合成を試してみました。
その結果が、こちら。

画像


ブログに掲載した小さいJPEG画像からのカラー情報でしたが、想像以上に良い結果になり、びっくりしました。
モノクロ写真はVC200L直焦点、カラー写真はイプシロンからです。
いつもは、2つの鏡筒で、同じようにLRGBと撮影しているのですが、例えばイプシロンはL画像のみ、VCはRGB画像を撮影するという方法でうまくいくのであれば、かなりの撮影時間短縮になるかもしれません。
なかなか晴れてくれないですが、ぜひ試してみたいと思います。


撮影日:平成22年2月7日
望遠鏡:VC200L
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-25℃)
フィルタ:IDAS Type4
露出:L15分×1, R10分×1(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
2本同時撮像のメリットですよね〜。
VC+フルサイズといえども、ε+8300の広さにはかないませんので、
カラーは、ε+8300、L画像は、VCという組み合わせが良いですね。
逆だとεの広さをカバーするだけのカラー情報が撮像できませんので、
もったいないですよね。中心部のみ使うなら問題なしですね。
ベランダGPD
2010/03/08 13:34
ベランダGPDさん、こんばんは。
はい、2本同時撮影は、長焦点、短焦点と同時撮影が楽しめるだけでなく、今回のようなカラー合成の利点があるのが分かりました。じつは、以前、VC+レデューサで、うまく合成できないかと考えていたのですが、その組み合わせの星像があまり良くなくて、実践しておりませんでした。
確かに仰せのように、画角差から考えると、VCの方がL画像が良さそうですね。VCはL画像のみの長時間露出をしてみようかと思っています。
sho
2010/03/08 22:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
馬頭星雲 モノクロとカラー 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる