山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 口径10センチの火星

<<   作成日時 : 2010/03/08 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回は、口径25センチで火星を見ましたが、今度は口径10センチで火星を見てみました。

画像


屈折らしい、高コントラストと安定した火星を見ることができましたが、大口径の光量と分解能には近づけません。
小口径は倍率をあげると、暗くてぼやけた感じになってしまいます。当たり前ですが。
高性能の大口径であれば、きっと素晴らしい火星が見えるのだろうと思いました。ミューロンなど・・・。
眼視観望を楽しんだあと、撮影をしてみたのが、この写真です。

撮影日:平成22年2月20日
望遠鏡:TSA-102S
赤道儀:EQ6PRO
カメラ:DFK21AU04.AS

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
口径10センチの火星 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる