山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS きりん座の銀河

<<   作成日時 : 2010/04/11 17:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

しし座のトリオ銀河と同じ日、きりん座のNGC2403も撮影しました。
まずは、VC200L直焦点画像です。

画像


この銀河、メシエ天体になっていてもおかしくないくらいの大きさ・明るさがあります。
もう少し、はっきり写ってくれるだろうと期待していたのですが、当日の空があまりよくなく、この程度の写りとなってしまいました。
また、縞状のノイズが出ていますが、そのままにしました。


次は、同時撮影していたイプシロン直焦点画像です。

画像


銀河そのものは、小さめとなりますが、ぽっかりと浮かんでいるような様子が、これはこれで、何とも良い雰囲気だと思います。

この銀河の上、東西に2つの9等星が乗っています。これらは、銀河系内の星で、たまたま同一方向に見えているだけだそうです。
その昔、こういった淡い銀河や星雲を見るためには、星図をたよりに望遠鏡の向きを調整していました。この9等星もその目印にされていたそうです。
最近の望遠鏡は、自動導入という優れた機能があるので、誰でも簡単に淡い天体を探し出すことができます。その恩恵は大変に大きいのですが、時々、手動導入せざるを得ない場面があって、自動導入に慣れてしまった私には、いくら探しても、対象を見つけ出せないことがあります。

撮影日:平成22年3月19日
望遠鏡:VC200L, ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-20℃), ML8300(-40℃)
フィルタ:[Art]IDAS Type4 L, [ML]FLI LRGB, IDAS LPS-P2
露出:[Art]L15分×10, [ML]L15分×6, RGB各10分×各2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
カラフルな銀河ですよね!
ベランダでは撮像できない対象なんで残念です。
ベランダGPD
2010/04/11 23:09
ベランダGPDさん、こんばんは。
はい、この銀河、他の方の作品を拝見すると、確かにカラフルですね。
私の方は、いつものように、控え目な色合いになってしまいました。
ベランダ観測所では、北天は撮れないんですね。きっと、ベランダGPDさんが撮られたら、素晴らしい作品になると思うのですが。
sho
2010/04/11 23:44
周辺部なかなか暗いでしょう。輝度差の激しい対象です。私もArtカメラ横縞でたことが有ります。どうもACアダプターを自宅で使用後遠征地へ持ち込むと出るようなので自宅でも遠征先でもすべてカメラはバッテリー給電にしました。画像を見ると一部だけのようなので違うかもしれませんが。
エムティ
2010/04/11 23:45
エムティさん、こんばんは。
はい、周辺部は暗いですね。周辺部を無理に出そうとするとノイズも目だってきます。
そうなんですか、横縞、ACアダプタが悪さをしているのですか。Tさんのところで、Artを購入する際、純正のアダプタよりも、推奨の安定化電源があると聞いたこと思い出しました。この写真で、一部に見えているのは、多少の軽減処理をしたからで、じつは、画面全面に縞模様が出ていました。いろいろと試してみる必要がありそうですね。ありがとうございます。
sho
2010/04/11 23:57
私もこの銀河撮影したいと思っていますが、はたして写るかがもんだいです.....m(__)m
けんじ
2010/04/12 18:22
けんじさん、こんばんは。
ぜひ、この銀河撮影してみてください。
メシエ天体になっていてもおかしくないほど、大きくて明るい銀河です。
私も機会があれば、リベンジしてみたいです。
sho
2010/04/12 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
きりん座の銀河 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる