山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS GS-250RCは難しい

<<   作成日時 : 2010/05/15 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

GS-250RCを、観測所内に設置して、さっそくM51「子持ち銀河」を撮影してみました。

画像


2000ミリ直焦点、カメラはML8300、ほどほどの拡大率となり、今までより迫力あるM51となったと思います。
遠目に見る分には、まあまあの写真になったと思います。

ガイドエラーの不安があったため、L画像10分を基本に撮影してみました。
ガイド鏡上は安定しているにもかかわらず、肝心の撮影鏡筒では、ガイドミスによる星の流れが出てしまいました。
結果的に、シャープ感に乏しい写真になりました。
2つの撮影用鏡筒を同架していること、ガイド鏡もGS-250RCに直付けしていないこと、いろいろと原因が考えられます。
理想としては、2台同時撮影したいですが、二兎を追うもの・・・で、妥協せざるを得ないかもしれません。
ガイド方法が確立するまでしばらくは、ガイドエラーによる写真を量産しそうです。


撮影日:平成22年5月1日
望遠鏡:GS-250RC
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:IDAS Type4 LRGB
露出:L10分×4, 15分×1, RGB5分×各2 (2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、おはようございます。
迫力のM51ですね。GS-250RCの重量変化が影響するのでしょうかガイドがむずかしそう、ガイド鏡上は安定しているということなので慣性力のせいでもなさそうですし、シーイングのせいでもないということですね。ガイド鏡の焦点距離不足ですか?。オフアキが近道かもしれませんね。
エムティ
2010/05/16 10:11
エムティさん、こんばんは。
ガイドエラーに件、私の想像では、アルミプレート等のたわみではないかと思っています。ガイド鏡はイプシロンの上に同架しているので、さらにどこかでたわんでいるように思います。
VC200Lの時も、1コマ毎に少しずつ写野がずれていましたので。
2本の同時ガイドには、もっと強固な接続方法でないと無理なのかもしれません。
いずれオフアキ化した際は、同時撮影はやめて、イプシロンはガイド鏡、GS-250RCはオフアキ、とした方が良いと思っています。
sho
2010/05/16 21:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
GS-250RCは難しい 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる