山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS ソンブレロ銀河

<<   作成日時 : 2010/05/09 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

おとめ座のM104「ソンブレロ銀河」です。
まずは、VC200L直焦点から。

画像


メキシコの帽子「ソンブレロ」に似ているので、「ソンブレロ銀河」と呼ばれています。
望遠鏡の眼視でも、意外とよく見え、自宅からでも条件が良ければ、銀河を横切る暗黒部の様子が分かります。
撮影の方は、過去の写真を調べてみたところ、他のものに比べると狙ったことが少ないことに気づきました。高度が低いため、はじめから、あきらめがちだったのもかしれません。

次は、イプシロン直焦点です。

画像


広角なので、ソンブレロ銀河、ちっちゃく写っています。まわりには、さらに小さい銀河が点在しているようです。

ここのところ、2つの鏡筒での同時撮影を繰り返しています。結果的には、いずれの写真も、それなりになっているような気もします。でも、ふと思ったのは、広角レンズを付けたカメラを、さらに同架すれば、また面白い写真ができるのかもと・・・。
「二兎を追うもの・・・」どころか、三兎! → やめておくことにします(笑)

撮影日:平成22年4月17日
望遠鏡:VC200L, ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art 11002(-20℃), ML8300(-40℃)
フィルタ:[Art]IDAS Type4 L, [ML]FLI LRGB, IDAS LPS-P2
露出:[Art]L15分×8, [ML]L15分×4, RG各10分×各2, B10分×3 (2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
コンパクトに写ってますね〜。
系外星雲は、拡大して写したい対象なので、ラージフォーマットなら、30cm以上のRCが必要ですね(笑)
かさいの25RC・・・なんかもの凄く気になる・・・
ベランダGPD
2010/05/09 23:57
ベランダGPDさん、こんばんは。
あらら、さすがは師匠ですね。じつは、GS-250RCを先日ポチってしまいました。またまた借財を増やしてしまいました(苦笑)
T社のミューロンを待っていたのですが、いつになっても出てきそうにないし、KさんのところのRCは、価格的にも魅力的だったんです。
今は、GS-250RCとε-180EDが並んで赤道儀に載っております。
sho
2010/05/10 00:22
おやまあ、GS-250RCとはうらやましい。
いい天気が今週来て、早く実践投入できるといいですね。ML-8300との組み合わせでどんな作品になるのでしょう。楽しみです。
エムティ
2010/05/10 02:15
カーボンの方でしょうか?
カメラの接続方法や、赤道儀への搭載方法など、詳細な紹介をお願いします。
もちろん作例も!
ベランダGPD
2010/05/10 13:11
エムティさん、こんばんは。
本日、気づいたのですが、T社のCR鏡筒、いよいよ発売になったようですね。待てなかったため、GS-250RCにしましたが、今となっては良かったと思っています。価格差が相当ありますので。
試写はしているのですが、ガイドが安定していないので、しばらくはその改善に時間がかかりそうです。
sho
2010/05/10 21:30
ベランダGPDさん、こんばんは。
私のは、金属鏡筒の方です。ここのところ、お金が無いのに、機材をどんどん増やしていっているので、とてもカーボンまでは。
接続方法、搭載方法など、今度紹介させていただきます。作例についても、載せますが、機材のたわみと思われるガイドエラーのため、しばらくはショボイ写真が続きそうです。オフアキ導入を検討しているところです。
sho
2010/05/10 21:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソンブレロ銀河 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる