山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS GS-250RCの接続方法

<<   作成日時 : 2010/05/12 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

GS-250RCの接続方法について、紹介します。

画像


EM400赤道儀に、15ミリ厚の自作アルミプレートを置き、K-ASTECさんのDDS80Lアリミゾの上にGS-250RCを載せています。GS-250RCのアリガタは、ロスマンディ規格で、アリガタ部分がとても薄く、アリガタ押さえブロック部分が上端に接しているDDS80Lでないと、強度を確保した接続ができないと思います。このDDS80Lは、機能も当然、仕上げも大変美しく、さすがはK-ASTECさんの製品だと思います。
ただ、EM400赤道儀に、重量級の鏡筒を2本というのは過積載で、イプシロンは下ろそうかと思案中です。稼働率が最も大切だと思っている自分には、観測所に置きっぱなしという魅了も捨て切れません。写真には、写っていないですが、バランスウエイトは、EM-400用の8キロを2つ、アトラクス用の7キロを2つの計4個をつけています。

横から見たところです。

画像


アリガタ押さえブロック部分が、アリガタの上部にしっかりと接しており、十分な強度が得られています。
カメラの接続方法は、現時点では2インチスリーブとしています。
ML-8300 → CFW → マウント60AD → マウント60 → BORG変換リング → 2インチスリーブ

現時点での課題は、ガイドエラーの克服と、カメラの接続を強固にすることです。
ガイドエラーの方は、GS-250RCのオフアキ化を検討しています。
カメラの接続方法も、オフアキ化に合わせ、ねじ込み式として強固にしようと思っています。
すんなりとは行かないところも、天文趣味の楽しみではないかと思っています(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ありがとうございます。
さすがのEM400でも過積載???でかい筒が2本って壮観ですね〜。
接続方法が課題とのことですが、バックフォーカスもあるのでオフアキで決まりでしょうか!
250RCの前後の位置は、写真のところでバランスが取れているのでしょうか?結構お尻が重い感じなので、随分前にオフセットしないとだめなような感じを受けています。
ベランダGPD
2010/05/13 10:28
ベランダGPDさん、こんばんは。
いえいえ、師匠からのご依頼ですので、もちろんお応えいたします。
EM400でも、過積載のようです。以前、T社に問い合わせたところ、最大積載とは、ウエイト3個までとのことでしたので。
250RCの前後の件、確かに1本の鏡筒で考えると、カメラ側が重すぎて、この位置よりは、まだ前方に取り付けた方が良いです。カーボン鏡筒だと、さらに後方に重心があると思われます。2本載せにしているので、イプの方はカメラ分ほど前方に重心がいくので、ちょうどバランスが取れています。クランプをフリーにしても、鏡筒がどちらかに回ったりすることはありません。ただ、厳密に言えば、アルミプレートのたわみ、アリミゾ部分への負荷が余計にかかっていることは、間違いありません。
オフアキは、いずれ導入したいと思っています。さらにバランスが難しくなりそうです。
sho
2010/05/13 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
GS-250RCの接続方法 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる